白馬村:飯森神社

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)白馬村:歴史・観光・見所>飯森神社

飯森神社
飯森神社
[ 付近地図: 長野県白馬村 ]・[ 白馬村:歴史・観光・見所 ]
飯森神社 飯森神社 飯森神社 飯森神社
概要・歴史・観光・見所
飯森神社(白馬村)概要: 飯森神社は千国街道(新潟県糸魚川市〜長野県松本市飯森神社石仏群飯森宿に位置し、創建は南北朝時代の永徳年間(1381〜1384年)に勧請されたのが始まりと伝えれています。伝承によると、当時、八方池に大蛇が巣食い、村人に悪事を働いていた事から、領主である飯森氏が八方池の畔に社殿を設けて祈願すると不思議と大蛇が現れる事が無くなったと伝えられています(現在でも八方池は飯森神社の奥之院として信仰の対象となっています)。以来、領主だった飯森氏から崇敬庇護されただけでなく、周辺住民からも信仰され、特に、創建伝説に由来して、雨乞い、水乞いに御利益があるとされます。境内には元文6年(1741)、安永5年(1776)、寛政10年(1798)、安政7年(1860)、不明の5基の庚申塔のほか石像供養塔や二十三夜塔、馬頭観音などがあり「飯森神社石仏群」として信仰の対象となています。祭神:罔象女神(弥都波能売神)、菅原道真。

 長野県白馬村:観光・旅行見所ナビ:
神明社飯森神社霧降宮諏訪神社青鬼神社長谷寺松沢薬師堂横澤家住宅青鬼集落切久保庚申塔
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。