白馬村:三日市場神明社

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)白馬村:歴史・観光・見所>三日市場神明社

三日市場神明社
神明社
[ 付近地図: 長野県白馬村 ]・[ 白馬村:歴史・観光・見所 ]
神明社 神明社 神明社 神明社
概要・歴史・観光・見所
三日市場神明社(白馬村)概要: 三日市場神明社の創建は不詳ですが白鳳期に勧請されたのが始まりとも云われています。神仏習合時代の御正体の裏には弘安9年(1286)の銘がある事から少なくともこれ以前から鎮座していたと思われます。古くから沢渡郷の鎮守として信仰され、境内背後の山(標高:875m)に築かれた三日市場城(大宮城・宮原城)の城主沢渡氏の崇敬社として庇護されました。沢渡氏は領主である仁科家の一族で、仁科家本家が衰微すると武田家に従い、武田家が滅亡すると小笠原家に仕えました。天正16年(1588)には当時の当主沢渡盛忠、牛乗父子によりによって社殿が造営され、現在の本殿と相殿は(寄棟、茅葺の覆い屋内部に鎮座)その当時の古建築の遺構で軒札により建築年代が明確な事から大変貴重な存在で昭和24年(1949)に国指定重要文化財に指定されています。祭神は神明社が天照大神。相殿の諏訪社は諏訪神、八幡社には八幡神。

三日市場神明社の文化財
 ・ 本殿(神明社)−天正16年−一間社切妻見世棚造、直線厚板葺−国指定重要文化財
 ・ 相殿(諏訪社)−天正16年−一間社流見世棚造、厚板葺−国指定重要文化財
 ・ 御正体(銅製懸仏・2面)−弘安9年−長野県県宝
 ・ 太刀−建武年間−大和国助次作−国指定重要美術品

 長野県白馬村:観光・旅行見所ナビ:
神明社飯森神社霧降宮諏訪神社青鬼神社長谷寺松沢薬師堂横澤家住宅青鬼集落切久保庚申塔
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。