下諏訪宿(中山道・甲州街道)

    長野県:歴史・観光・見所(ホーム)甲州街道>下諏訪宿
長野県の街道
 ・ 北国街道
 ・ 中山道(木曽路)
 ・ 善光寺西街道
 ・ 谷街道(松代道)
 ・ 千国街道
 ・ 甲州街道
 ・  
中山道
 ・ 追分宿
 ・ 小田井宿
 ・ 岩田村宿
 ・ 塩名田宿
 ・ 八幡宿
 ・ 望月宿
 ・ 茂田井宿
 ・ 芦田宿
 ・ 長久保宿
 ・ 和田宿
 ・ 塩尻宿
 ・ 洗馬宿
 ・ 本山宿
 ・  
木曽路
 ・ 贄川宿
 ・ 木曽平沢
 ・ 藪原宿
 ・ 宮ノ越宿
 ・ 福島宿
 ・ 上松宿
 ・ 須原宿
 ・ 野尻宿
 ・ 三留野宿
 ・ 妻籠宿
 ・ 大妻籠
 ・  
下諏訪宿・歴史・観光・見所
下諏訪宿概要: 下諏訪宿は江戸日本橋から中山道では29番目、甲州街道では最終である39番目の宿場町にあたります。中山道でいうと難所に数えられる和田峠と塩尻峠の中間に辺り、甲州街道への分岐点でもあり宿場はおおいに賑いました。特に中山道唯一の温泉街を兼ねての宿場町で、下諏訪大社秋宮の門前町でもあった為、単に旅人や物流業者だけでなく、湯治客や参拝者など様々な理由で下諏訪宿を利用しました。下諏訪宿には本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠40軒と施設的も大きく、約800m程の町並みが形成されていました。本陣は代々岩波家が世襲し往時は1千8百坪の敷地し3百坪の主屋があったとされ、大名や皇族など身分が高い人達が宿泊や急速で利用していました。中でも文久元年(1861)11月5日には皇女和宮が宿泊、明治13年(1880)6月24日には明治天皇が休息に利用しました。現在でも建物の約半分と中山道随一との呼び声も高い庭園が残され下諏訪町指定史跡に指定され日本名園100選に選定されています。下諏訪大社秋宮は諏訪大社4社のうちの1社で建御名方命、八坂刀売命、御兄八重事代主神を祀ります。天下の奇祭とされる御柱祭や筒粥の神事など特殊神事も多く、境内には弊拝殿や神楽殿、片拝殿など国指定重要文化財に指定されている歴史ある建築物が軒を連ねています。下諏訪温泉の開湯は不詳ですが、伝承によると諏訪大社の祭神である建御名方神と八坂刀売神が当地に御神渡りになった際、温泉の源である「湯玉」をお持ちになり、下社境内にそれを置くと、源泉が滾々と湧き出たと伝えられています。記録的には鎌倉時代に寺の湯として利用されていたとされ、江戸時代の宝暦6年(1756)には高島藩の藩士が記載した「諏訪かのこ」に体が温まり子宝に恵まれると記載しています。現在でも25箇所の源泉から豊富な源泉が湧き出し公衆浴場は10箇所を数えます。
下諏訪宿
下諏訪宿 下諏訪宿 下諏訪宿 下諏訪宿
下諏訪宿 下諏訪宿 下諏訪宿 下諏訪宿
下諏訪宿 下諏訪宿 下諏訪宿 下諏訪宿
下諏訪宿:見所・観光
下社秋宮
諏訪大社下社秋宮
諏訪大社下社秋宮
下社春宮
諏訪大社下社春宮
諏訪大社下社春宮
本陣
本陣
本陣
慈雲寺
慈雲寺
慈雲寺
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。