木曽路(中山道)

     ホーム>木曽路(中山道)
奈良井宿
 ・ 鎮神社
 ・ 上問屋史料館
 ・ 奈良井宿:鍵の手
 ・ 奈良井宿:高札場
 ・ 奈良井宿:水場
 ・ 杉の森酒造
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 杉並木
 ・ 二百地蔵
 ・ 八幡神社
 ・ 大宝寺
 ・ 長泉寺
妻籠宿
 ・ 妻籠宿:本陣
 ・ 妻籠宿:脇本陣
 ・ 上嵯峨屋
 ・ 下嵯峨屋
 ・ 熊谷家住宅
 ・ 光徳寺
 ・ 口留番所
 ・ 妻籠宿:枡形
 ・ 鯉ヶ岩
 ・ 妻籠宿:高札場
 ・ おしゃごじ様
 ・ 延命地蔵
贄川宿
 ・ 贄川関所
 ・ 深澤家住宅
 ・ 麻衣廼神社
 ・ 観音寺
藪原宿
 ・ 藪原神社
 ・ 極楽寺
 ・ 防火高塀
 ・ 藪原宿本陣
宮ノ越宿
 ・ 徳音寺
福島宿
 ・ 興禅寺
 ・ 長福寺
 ・ 大通寺
 ・ 福島関所
 ・ 山村代官所
 ・ 高瀬家資料館
上松宿
 ・ 玉林院
 ・ 小野の滝
 ・ 寝覚の床
須原宿
 ・ 定勝寺
 ・ 水場(水舟)
 ・ 白山神社
馬籠宿
 ・ 永昌寺
 ・ 清水屋
 ・ 枡形
 ・ 馬籠宿本陣
 ・ 馬籠宿脇本陣
 ・ 高札場
 ・ 大黒屋
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
木曽路(中山道)
木曽路(中山道)概要: 中山道中山道の中で、特に木曽川上流地域にある贄川宿から馬籠宿まで11の宿場町を結ぶ区間を木曽路と呼ばれました。木曽路には鳥居峠や馬込峠など難所が多いと同時に名所見所が多い事でも知られ江戸時代中期には当時の尾張藩書物奉行であった松平君山が近江八景を倣い木曽八景(徳音寺の晩鐘・駒 ヶ岳の夕照・御嶽の暮雪・桟の朝霧・寝覚めの夜雨・風越の晴嵐・小野の瀑布・与川の秋月)を選定しています。又、木曽路は現在でも当時の町並みを色濃く残しているのも大きな特徴の1つで、中山道最大級の規模を誇る奈良井宿(中山道34番目の宿場、天保14年:1843年当時は本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠5軒、家屋409軒)やいち早く地域を挙げて景観保全活動を行った妻籠宿中山道(中山道42番目の宿場、奈良井宿と同年では本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠31軒、家屋31軒)、間宿でありながら漆器の生産で発展した木曽平沢(正式な宿場町ではなかった為、本陣、脇本陣、旅籠は設置されなかった。)は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。それ以外の宿場町でも十分に雰囲気を味わえる事が出来る他、 妻籠宿の脇本陣奥谷(林家住宅)や奈良井宿の上問屋(手塚家住宅:現在は上問屋資料館)、贄川宿の深澤家住宅(江戸時代末期の町屋建築)、須原宿の定勝寺(山門、庫裏、本堂)が国指定重要文化財に指定され、上松宿に近い寝覚の床(木曽八景、浦島太郎の伝説)が国指定名勝に指定されています。中山道又、歴史的には木曽義仲(源義仲:信濃源氏)が育った地域とされ(幼名駒王丸は源氏一族の内紛により父親である源義賢が討たれ、木曽谷の中原兼遠の庇護となり成長したとされます。)、その後もその後裔とされる木曽氏が支配し街道沿いには義仲や木曽氏の史跡が点在しています。江戸時代に入ると大部分が幕府直轄領である天領となり木曽氏の重臣だった山村家が代官として領内(7千5百石)を支配し福島宿に代官所を設けました(木曽氏は戦国時代に武田家に従いましたが、武田家が衰退すると逸早く離反し織田家、徳川家に従い、徳川家が三河から関東に移封した際、下総国阿知戸(現在の千葉県旭市網戸)1万石に移封され、その後没落しました。)。
  スポンサーリンク
 


中山道(信州路)
北国街道
贄川宿
中山道
木曽平沢
中山道
奈良井宿
中山道
藪原宿
中山道
宮ノ越宿
中山道
福島宿
中山道
上松宿
中山道
須原宿
中山道
野尻宿
中山道
三留野宿
中山道
妻籠宿
中山道
大妻籠
中山道
馬籠宿
中山道
中山道(美濃路)
長野県(ホーム)

  長野県の街道:北国街道中山道(木曽路)善光寺西街道谷街道(松代道)千国街道甲州街道三州街道
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。