大町市: 仁科神明宮

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>大町市
大町市・観光・見所
 ・ 若一王子神社
 ・ 仁科神社
 ・ 仁科神明宮
 ・ 安部神社
 ・ 盛蓮寺
 ・ 霊松寺
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 平林家住宅
 ・ 仁科城(森城)
 ・ 青木湖
 ・ 中綱湖
 ・ 木崎湖
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
仁科神明宮・歴史・観光・見所
仁科神明宮(大町市)概要: 仁科神明宮は長野県大町市社宮本に鎮座しています。仁科神明宮の創建には諸説あり白雉6年(654)仏崎の別当高根伊勢守平盛国が伊勢神宮(三重県伊勢市)の外宮を勧請したのが始まりと伝えられています。しかし、仁科神明宮は伊勢神宮の御領である「仁科御厨」の領内鎮護の為勧請されたと考えられるので御厨が成立した永承3年(1048)前後に創建され、信濃国の伊勢神宮「御厨」の中では一番古い歴史を持っていた事などから仁科神明宮の格式も高かったと推定されています。鎌倉時代に領主となった仁科氏は平維茂の子孫(仁科氏は奥州を支配した安倍氏の子孫とも言われています。)とされた事から仁科神明宮を深く崇敬し社領10石の寄進や名刀鵜丸(平家古伝)の奉納、神事や20年毎に行われる式年造替に深く関わりました。戦国時代の天正10年(1582)に仁科氏が滅ぶと、その後領主となった小笠原貞慶が社領15石を寄進、さらに江戸時代では歴代松本藩主の祈願所として社領23石を安堵するなど厚く庇護しました。しかし、仁科神明宮の式年造替は寛永13年(1637)以降は行われず改修、修繕程度となっています。仁科神明宮は仁科66郷の総社、信濃国7神明宮として広く信仰を集め、松本藩領内では最大の神域を持ち、明治5年(1872)に郷社、明治26年(1893)に県社に列しています。現在の仁科神明宮本殿(三間社、神明造り、檜皮葺)、中門(四脚門、切妻、檜皮葺)はその当時の建物で現存する最古の神明造建築として昭和28年(1953)に国宝に指定されています(神明造りの社殿としては全国唯一の国宝)。社宝である御正体懸仏5面(附11面)と応安年間(1368〜1375年)以降の棟札27枚(20年毎の式年造替の棟札)が国指定重要文化財に指定されている他、例祭で奉納される神楽(剣の舞、岩戸神楽、五行の舞、水継、幣の舞、龍舞神楽、道祖神の七座)と古式作始め(鍬初め・苗代づくり・種播き・鳥追い)の神事が長野県指定無形民俗文化財に指定されています。祭神:天照大神。

仁科神明宮の文化財
 ・ 本殿(釣屋付属)−寛永13年(20年毎式年造替)−国宝
 ・ 中門(釣屋付属)−寛永13年(20年毎式年造替)−国宝
 ・ 木造棟札(27枚)−永和2年〜安政3年−国指定重要文化財
 ・ 御正体5面(附:御正体11面)−国指定重要文化財
 ・ 仁科神明宮作始め神事−永禄9年以前から−長野県指定無形民俗文化財
 ・ 仁科神明宮の社叢−推定樹齢300年有−長野県指定天然記念物
 ・ 仁科神明宮の太々神楽−例祭奉納−長野県指定無形民俗文化財
 ・ 銅製日岐盛貞奉納鏡−大町市指定有形文化財
 ・ 木造棟札−大町市指定有形文化財
 ・ 木造小笠原秀政禁制札−大町市指定有形文化財

仁科神明宮
仁科神明宮
[ 付近地図: 長野県大町市 ]・[ 大町市:歴史・観光・見所 ]
仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮
仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮
仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮 仁科神明宮

長野県(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>大町市>仁科神明宮」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。