塩尻市: 常光寺

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)塩尻市:歴史・観光・見所>常光寺

常光寺
常光寺
[ 付近地図: 長野県塩尻市 ]・[ 塩尻市:歴史・観光・見所 ]
常光寺 常光寺 常光寺 常光寺
概要・歴史・観光・見所
常光寺(塩尻市)概要: 雨寶山常光寺は塩尻市片丘北熊井に境内を構えています。常光寺の創建は平安時代、熊井郷を開発した際大沢川の水源地付近に薬師如来を祀ったのが始まりと伝えられています。戦国時代になり熊井城が築城されると一本杉の地へ移り、城の鬼門鎮守と城主の祈願所として庇護されますが武田家信濃侵攻の兵火により焼失、江戸時代に入ってから憲養法師(長野県松本市:牛伏寺)により現在地で再興されています。常光寺の本尊である木造如意輪観音坐像は鎌倉時代中期に制作、像高84.5cm、寄木造り、漆箔、江戸時代中期の享保13年(1728)に法輪寺(京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町)から勧請されたもので、昭和46年(1971)に塩尻市指定文化財に指定されています。常光寺の寺宝である経本45巻は室町時代の康応2年(1390)〜明徳2年(1391)に小県郡の海褝寺や大宝寺などで書写されたもので平成元年(1989)に塩尻市指定文化財に指定されています。又、常光寺は別称で"しゃくなげ寺"と呼ばれ境内には約2000本のしゃくなげが植えられています。信州筑摩三十三観音第15番札所。山号:雨寶山。宗派:真言宗智山派。本尊:如意輪観世音菩薩。

 長野県塩尻市:観光・旅行見所ナビ:
奈良井宿阿礼神社麻衣廼神社永福寺深澤家住宅郷福寺堀内家住宅常光寺観音寺小松家住宅小野神社小野家住宅贄川関所
北熊井諏訪神社奈良井宿:鍵の手奈良井宿:高札場奈良井宿:水場
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>塩尻市」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。