諏訪湖: 法華寺

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)諏訪湖:歴史・観光・見所諏訪市観光>法華寺

法華寺
法華寺
[ 付近地図: 長野県諏訪市 ]・[ 諏訪湖:歴史・観光・見所 ]
法華寺 法華寺 法華寺 法華寺
概要・歴史・観光・見所
法華寺(諏訪市)概要: 鷲峰山法華寺は長野県諏訪市中洲に境内を構えています。法華寺の創建は不詳ですが元は天台宗の寺院として開かれたのが始まりとされ、鎌倉時代に当時の領主だった蓮仏盛重が建長寺の蘭渓道隆を招いて中興開山し臨済宗に改められました。又、法華寺は諏訪大社上社本宮の神宮寺の宮寺の1つでもあり境内には神仏分離令と廃仏毀釈により廃された五重塔や普賢堂、釈迦堂、如法院の跡などが点在しています。天正10年(1582)、高遠城を落とした織田軍勢はそのまま北上し諏訪大社上社本宮を焼き討ち、類焼を免れた法華寺は本陣となり武田家滅亡後の論功行賞が行われました。その際、織田信長が明智光秀を叱責し、面目を失った光秀が本能寺の変へと導いたとも伝えられています。法華寺の境内裏手には吉良上野介義央の養子である吉良義周の墓(墓石には「宝燈院殿岱嶽徹宗大居士神儀 宝永三丙戌天正月廾日」と刻まれています)があります。義周は上野介の外孫にあたり米沢藩4代藩主上杉綱憲の次男でしたがの吉良家の跡継ぎとされた上野介の次男・三郎が幼少時に死去した事により上野介の養子となり吉良家を継ぎました。元禄15年(1702)の赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件の当事者の1人として領地を召し上げられ高島藩に配流となり高島城南之丸の幽閉先で宝永3年(1706)に病死、遺骸を引き取る者がいなかった為に法華寺に土葬されました。吉良義周の墓は昭和54年(1979)に諏訪市指定史跡に指定されています。「法華寺応安の板碑」は応安2年(1369)に建立されたもので高さ56.5cm、最大幅19cm、緑泥片岩製、建立年や千手観音の種字キリクが刻まれた貴重なものとして昭和49年(1974)に諏訪市指定文化財に指定されています。法華寺山門は入母屋、銅板葺、三間一戸、八脚楼門建築、外壁は弁柄色、上層部は高欄が廻り中央には花頭窓付。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:釈迦如来。

 長野県諏訪湖:観光・旅行見所ナビ:
足長神社茶屋松屋(今井邦子文学館)東講社(東山田行屋)旧林家住宅法華寺下諏訪宿本陣今井家住宅諏訪大社上社本宮神宮寺跡
慈雲寺片倉館神長守矢家祈祷殿青塚古墳熊野神社教念寺丸高醸造旧岡谷市役所庁舎温泉寺来迎寺万治の石仏高島城
島木赤彦住居(柿蔭山房)諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社春宮白岩観音堂諏訪大社上社前宮諏訪大社上社本宮照光寺手長神社
橋本政屋(茶屋)旧渡辺家住宅
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>諏訪湖」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。