諏訪湖: 慈雲寺

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)諏訪湖:歴史・観光・見所下諏訪町観光>慈雲寺

慈雲寺
慈雲寺
[ 付近地図: 長野県下諏訪町 ]・[ 諏訪湖:歴史・観光・見所 ]
慈雲寺 慈雲寺 慈雲寺 慈雲寺
概要・歴史・観光・見所
慈雲寺(下諏訪町)概要: 白華山慈雲寺は長野県諏訪郡下諏訪町東町に境内を構えています。慈雲寺の創建は正安2年(1300)一山一寧(宋の僧、建長寺や円覚寺の住職を歴任)が開山したのが始まりと伝えられています。信州にある禅宗寺院の触頭(諸願いの取次ぎなどを行う中心的寺院)という格式から寺運も隆盛し鎌倉十刹に並ぶ寺格と言われました。戦国時代は武田信玄に庇護され慈雲寺中興の祖と言われる天桂和尚から戦勝の教えを請うたとの伝承が残っており、霊力のある矢除石に願を懸けたとも伝わっています。山号:白華山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:十一面観音。

慈雲寺の寺宝である梵鐘は南北朝時代の応安元年(1368)に鋳造されたもので総高114cm、口径66.4cm、慈雲寺昭和45年(1970)に長野県県宝に指定されています。現在の慈雲寺本堂は江戸時代後期の文化3年(1806)に焼失後の文化5年(1808)に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、銅板葺、平入、桁行10間半、梁間7間半、棟梁:上原市蔵正房、内陣欄間には武田菱の彫刻、江戸時代後期の大型本堂建築の遺構として貴重な事から平成14年(2002)に下諏訪町指定文化財に指定されています。本堂に安置されてる阿弥陀如来立像は文化4年(1807)に木喰明満仙人が諏訪地方で最後に彫刻した木喰仏で像高112cm、昭和50年(1975)に下諏訪町指定文化財に指定されています。慈雲寺山門は江戸時代中期の安永6年(1777)に建立されたもので入母屋、銅板葺(元檜皮葺)、三間一戸、八脚鐘楼門、桁行3間(5.64m)、梁行2間(3.76m)、棟梁は村田長左衛門矩重、江戸時代中期の楼門建築として貴重な事から昭和46年(1971)に下諏訪町指定文化財に指定されています。参道にある日根野高吉(豊臣秀吉家臣・高島城の城主)の供養塔は江戸時代初期の慶安2年(1649)に日根野嘉明が父親の50回忌の追善供養の為に建立したもので、諏訪地方を代表する五輪塔として貴重な事から昭和45年(1970)に下諏訪町指定有形文化財に指定されています。慈雲寺境内にある「天桂の松」は中興開山した天桂和尚が手植えしたと伝えられる古木で、推定樹齢400年以上、樹高4.5m、根回り1.5m、昭和47年(1972)に下諏訪町指定天然記念物に指定されています。

 長野県諏訪湖:観光・旅行見所ナビ:
足長神社茶屋松屋(今井邦子文学館)東講社(東山田行屋)旧林家住宅法華寺下諏訪宿本陣今井家住宅諏訪大社上社本宮神宮寺跡
慈雲寺片倉館神長守矢家祈祷殿青塚古墳熊野神社教念寺丸高醸造旧岡谷市役所庁舎温泉寺来迎寺万治の石仏高島城
島木赤彦住居(柿蔭山房)諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社春宮白岩観音堂諏訪大社上社前宮諏訪大社上社本宮照光寺手長神社
橋本政屋(茶屋)旧渡辺家住宅
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>諏訪湖」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。