諏訪湖: 温泉寺

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)諏訪湖:歴史・観光・見所諏訪市観光>温泉寺

温泉寺
温泉寺
[ 付近地図: 長野県諏訪市 ]・[ 諏訪湖:歴史・観光・見所 ]
温泉寺 温泉寺 温泉寺 温泉寺
温泉寺 温泉寺 温泉寺 温泉寺
概要・歴史・観光・見所
温泉寺(諏訪市)概要: 臨江山温泉寺の創建は寛永17年(1640)、高島藩2代藩主諏訪忠恒が泰嶺和尚(慈雲寺)を招いて開山したのが始まりと伝えられています。初代諏訪頼水は頼岳寺(茅野市:諏訪氏廟所は市史跡)の開基となりましたが居城である高島城の近接地に帰依していた泰嶺和尚を招いて菩提寺を計画、頼水は寛永17年隠居した為、忠恒が意思を受け継いだ形となりました(頼水は寛永18年に死去)。明治3年(1870)に火災により多くの堂宇を焼失、廃藩置県と廃城令により高島城が廃城になると能舞台と城門が移築され能舞台は本堂に城門が山門に改修されています。又、明治時代初頭に発令された神仏分離令と廃仏毀釈により諏訪大社上社本宮から御神体だった鉄塔(石塔:2m)が移つされています。この鉄塔は漢字とは異なり石造で当初、弘法大師により建立された鉄塔が腐朽した為、源頼朝が再興しさらに寛永8年(1631)に諏訪忠恒が石造に造り直したと伝えられています。境内奥には高島藩主である歴代諏訪家の墓である石塔が並び周囲には寄進された石灯籠が建立されています。中部四十九薬師霊場第7番札所。諏訪三十三番観音霊場第24番札所。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:釈迦如来。

温泉寺の文化財
 ・ 梵鐘−永享2年−天正10年織田信忠が安養寺から略奪−長野県県宝
 ・ 鉄塔−寛永8年−諏訪大社上社本宮から移す−諏訪市指定有形文化財
 ・ 舎利塔−高さ20cm、宝形、方3間−諏訪市指定有形文化財
 ・ 木造地蔵菩薩座像−総高86cm、座高52cm−諏訪市指定有形文化財
 ・ 本堂の能舞台遺構−文政10年−高島城から移築−諏訪市指定有形文化財
 ・ 山門−江戸時代−薬医門、高島城から移築−諏訪市指定有形文化財
 ・ 鏡板−岩本琴斉筆、横512.5cm、高さ240cm−諏訪市指定有形文化財
 ・ 一切経入経蔵−安永9年−初代立川和四郎富棟作の輪蔵安置−諏訪市指定文化財
 ・ 泰嶺和尚書軸−寛永17年−縦73.3cm、横31.7cm、軸装−諏訪市指定文化財
 ・ 高島藩主廟所−歴代諏訪氏の墓碑、石灯篭が110余基−諏訪市指定文化財
 ・ 枝垂桜−推定樹齢300年以上−忠恒が大坂の陣後に持ち帰る−市指定天然記念物

 長野県諏訪湖:観光・旅行見所ナビ:
足長神社茶屋松屋(今井邦子文学館)東講社(東山田行屋)旧林家住宅法華寺下諏訪宿本陣今井家住宅諏訪大社上社本宮神宮寺跡
慈雲寺片倉館神長守矢家祈祷殿青塚古墳熊野神社教念寺丸高醸造旧岡谷市役所庁舎温泉寺来迎寺万治の石仏高島城
島木赤彦住居(柿蔭山房)諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社春宮白岩観音堂諏訪大社上社前宮諏訪大社上社本宮照光寺手長神社
橋本政屋(茶屋)旧渡辺家住宅
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>諏訪湖」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。