諏訪湖: 島木赤彦住居(柿蔭山房)

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)諏訪湖:歴史・観光・見所下諏訪町:歴史・観光・見所>島木赤彦住居(柿蔭山房)

島木赤彦住居(柿蔭山房)
島木赤彦住居(柿蔭山房)
[ 付近地図: 長野県下諏訪町 ]・[ 諏訪湖:歴史・観光・見所 ]
島木赤彦住居(柿蔭山房) 島木赤彦住居(柿蔭山房) 島木赤彦住居(柿蔭山房) 島木赤彦住居(柿蔭山房)
概要・歴史・観光・見所
島木赤彦住居(柿蔭山房)概要: この建物は文政期(1818〜1830年)に建てられたもので、木造平屋建て、入母屋、茅葺、平入、桁行7.5間、梁間6間、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、文政4年(1821)に建てられた土蔵と大正14年(1925)に増築された書斎が隣接しています。内部は和室畳敷き6帖(赤彦夫婦と子供の部屋)と和室畳敷き8帖(赤彦の書斎)、和室畳敷き6帖(養父母の居間)、和室畳敷き10帖(子供の勉強部屋)、和室畳敷き8帖、板間(囲炉裏付)、湯殿などの部屋が配されていました。島木赤彦は明治9年(1876)、旧高島藩士の塚原浅茅の四男として生まれ、明治31年(1898)に結婚して久保田家の養嗣子となりこの住宅で生活しました。以来、赤彦の作歌や執筆の活動拠点となり大正8〜9年(1919〜1920年)頃にこの住宅を「柿蔭山房」と名づけたそうです。赤彦はアララギ派の中心的な人物として「馬鈴薯の花」や「赤彦童謡集」、「歌道小見」、「柿蔭集」などを発表するなど活躍していましたが大正15年(1926)に胃癌の為この世を去りました。享年51歳。島木赤彦住居(柿蔭山房)は江戸時代末期の茅葺屋根建築の遺構で島木赤彦縁の貴重な建物である事から昭和57年(1982)に下諏訪町指定有形文化財(建造物)に指定されています。

 長野県諏訪湖:観光・旅行見所ナビ:
足長神社茶屋松屋(今井邦子文学館)東講社(東山田行屋)旧林家住宅法華寺下諏訪宿本陣今井家住宅諏訪大社上社本宮神宮寺跡
慈雲寺片倉館神長守矢家祈祷殿青塚古墳熊野神社教念寺丸高醸造旧岡谷市役所庁舎温泉寺来迎寺万治の石仏高島城
島木赤彦住居(柿蔭山房)諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社春宮白岩観音堂諏訪大社上社前宮諏訪大社上社本宮照光寺手長神社
橋本政屋(茶屋)旧渡辺家住宅
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>諏訪湖」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。