妻籠宿

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>妻籠宿
木曽路・宿場町
 ・ 贄川宿
 ・ 木曽平沢
 ・ 奈良井宿
 ・ 藪原宿
 ・ 宮ノ越宿
 ・ 福島宿
 ・ 上松宿
 ・ 須原宿
 ・ 野尻宿
 ・ 妻籠宿
 ・ 大妻籠
 ・ 馬籠宿
 ・ 
長野県の見所
 ・ 長野市
 ・ 辰野町
 ・ 妻籠宿
 ・ 中野市
 ・ 須坂市
 ・ 千曲市
 ・ 長野市松代町
 ・ 小諸市
 ・ 東御市
 ・ 飯山市
 ・ 諏訪湖
 ・ 伊那市
 ・ 飯田市
 ・ 塩尻市
 ・ 安曇野市
 ・ 小布施町
 ・ 木曽町
 ・ 佐久市
 ・ 長和町
 ・ 鹿教湯温泉
 ・ 上田市
 ・ 海野宿
 ・ 大町市
 ・ 白馬村
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
妻籠宿(南木曽町)概要: 中山道の木曽路は古くから東日本妻籠宿と中央とを結ぶ主要幹線の1つとして整備された街道で、平安時代に成立した「続日本記」によると奈良時代の和銅6年(713)の項目に「吉蘇路」が開かれた事が記述されています。中世に入ると、木曽産の木材が重要視されるようになり、室町時代の永享4年(1432)には妻籠宿周辺を拠点とした妻籠氏(木曽谷の領主である木曽氏の一族)が美濃国守護土岐持益の要請に答えて木材を用立てした事が記録に残されています。戦国時代になると木曽義仲の後裔を自称する木曽氏が木曽谷を掌握し、領内を行き来する街道と宿駅の整備が行われ、妻籠宿もこの頃に成立したと思われます。妻籠宿は難所である馬籠峠を控え、伊那地方を結ぶ大平街道が合流する交通の要衝だった事から妻籠宿を望む城山には妻籠城が築かれ木曽家の領内南部の拠点としました。

甲斐の武田信玄が木曽侵攻を本格化すると木曽氏は軍門に下り、武田家主導で領内の街道整備が行われ天正年間(1573〜1592年)には妻籠宿に妻籠関所が設置され、引き続き重要視されます。しかし、武田信玄が死没し武田家に凋落が見えると、木曽氏は武田家を見限り織田方に転じ跡を継いだ武田勝頼と激しい戦が繰り広げられました。天正10年(1582)、武田家が滅び本能寺の変で織田信長が自刃すると旧武田家領は空白域となり、当時の当主木曾義昌は徳川家に与して安曇郡・筑摩郡まで大きく版図を広げました。しかし、上記の2郡は徳川家の好に通じた小笠原氏が支配する事となり、義昌は一転して豊臣秀吉に転じて天正12年(1584)の小牧長久手の戦いを迎えます。徳川軍は木曽氏討伐を下し、大軍を木曽谷に送り込みますが、義昌は家臣である山村良勝に命じて妻籠城で籠城戦を展開し、これを撃退しています。妻籠城には後の妻籠宿の本陣家となる島崎氏や脇本陣となる林氏の名も連ねている事から、当時から既に有力な土豪であった事が窺えます。その後、秀吉の命により木曽氏は再び徳川家に従うようになり、天正18年(1590)に徳川家康の関東移封に伴い、木曽谷を離れています。新たに木曽谷の代官に就任した豊臣家の家臣石川光吉も妻籠城を拠点とした為、城下町でもあった妻籠宿は木曽谷の中心的な役割を持ちました。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの際には中山道(木曽路)を進軍していた徳川秀忠は妻籠宿で東軍の勝利の報告を知ったと言われています。

江戸時代に入り中山道が五街道(中山道・東海道・甲州街道・日光街道・奥州街道)の1つとして改めて開削されると慶長7年(1602)に67箇所の宿場町が計画され、妻籠宿は正式に宿場町として認められています。妻籠宿には本陣、脇本陣、問屋が置かれ江戸時代初期までには口留番所が設置されるなど重要視され大平街道が交差していた交通の要衝として多くの人達が行き交いました。天保14年(1843)に製作された「中山道宿村大概帳」によると本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠31軒(大7軒、中10軒、小14軒)が記載され宿場の長さ2町30間(約270m)は木曽路にある11の宿場の中でも小規模の方でした。妻籠宿は大きく宿場、寺下、在郷と分かれ、宿場では木造2階建て、切妻、平入りで2階部は出桁造りで張り出し比較的間口の広い建物で構成し、寺下は光徳寺の門前町として発展、上・下嵯峨屋など間口が狭く比較的規模の小さい町屋で構成され、在郷は農家建築と町屋が混在しています。妻籠宿は明治時代以降、主要交通が街道沿いから外れた為、現在でも旧中山道宿場町の町並みを色濃く残り「伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している」との選定基準から1245.4haが昭和51年(1976)に重要伝統的建造物群保存地区に昭和56年(1981)に長野県自然保護条例の郷土環境保全地区に指定されています。平成28年(2016)4月25日に木曽路(木曽路はすべて山の中〜山を守り山に生きる〜)が日本遺産に選定されると妻籠宿の町並みはその構成遺産となっています。

妻籠宿の文化財
・ 林家住宅(主屋・土蔵・文庫蔵・侍門)−江戸後期〜明治−国指定重要文化財
・ 妻籠のキンモクセイ−高さ約8m、東幹周88cm、西145cm−県天然記念物
・ 上嵯峨屋−江戸中期−木造平屋、切妻、平屋、石置板葺−町指定文化財
・ 下嵯峨屋−江戸中期−木造平屋、切妻、平屋、石置板葺−町指定文化財
・ 熊谷家住宅−江戸中期−木造平屋、切妻、平屋、石置板葺−町指定文化財
・ 光徳寺の車付駕篭−天保年間−人力車の祖型−町指定文化財
・ 光徳寺大般若経(600巻)−寛文13年〜延宝7年−町指定文化財
・ 光徳寺薬師如来勧進帳−慶長4年−町指定文化財
・ 問屋申付状−慶長6年−町指定文化財
・ 奥谷家普請関係文書−延宝7年、明治10年など−町指定文化財
・ 木曽妻籠宿書留(2冊)−享保11年−町指定文化財
・ 桝形の跡−町指定史跡
・ 鯉岩−町指定名勝

妻籠宿:町並み
町並み 町並み 町並み 町並み 町並み
町並み 町並み 町並み 町並み 町並み
町並み 町並み 町並み 町並み 町並み
妻籠宿:観光・見所
本陣
本陣
妻籠宿:本陣
脇本陣奥谷
脇本陣奥谷
妻籠宿:脇本陣
上嵯峨屋
上嵯峨屋
上嵯峨屋
下嵯峨屋
下嵯峨屋
下嵯峨屋
熊谷家住宅
熊谷家住宅
熊谷家住宅
光徳寺
光徳寺
光徳寺
口留番所
口留番所
口留番所
枡形
枡形
妻籠宿:枡形
鯉ヶ岩
鯉ヶ岩
鯉ヶ岩
高札場
高札場
高札場
おしゃごじ様
おしゃごじ様
おしゃごじ様
延命地蔵
延命地蔵
延命地蔵
長野県(ホーム)

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>妻籠宿」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。