上田市: 妙見寺

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)上田市:歴史・観光・見所>妙見寺

妙見寺
妙見寺
[ 付近地図: 長野県上田市 ]・[ 上田市:歴史・観光・見所 ]
妙見寺 妙見寺 妙見寺 妙見寺
概要・歴史・観光・見所
妙見寺(上田市)概要: 鳴竜山密厳院妙見寺は長野県上田市下武石に境内を構えています。妙見寺の創建は鎌倉時代初頭の文治年間(1185〜1189年)、当時の領主岳石三平胤盛が日頃から信仰していた大日如来と妙見尊を安置する為に一宇を設け、完光和尚を招いて開山したのが始まりとされます。当初は鳥屋に境内を構えていましたが、正応年間(1288〜1292)に小沢根に移り応仁年間(1467〜1468年)に現在地に遷されました。現在の妙見寺本堂は江戸時代中期の宝暦年間(1751〜1764年)に15世弘算により改築されたもので、その際、狩野派の秀山信尹を招いて本堂外陣の天井絵(上下竜2頭)を描かせています。案内板によると「 妙見寺の鳴龍は、応仁年間(1467〜1468)小沢根地積より移転改築の際、本堂外陣の大天井に組み込まれたもので、畳10畳分の大きさがる。龍は、狩野派の秀山信尹の筆により、上下2頭が画かれ、その龍頭の下で手を打つと見事な龍鳴を聞くことができる。日本の東西南北四か所にあった鳴龍を「日本四方鳴龍」と称し、東は日光山、西は京都相国寺、北は青森竜泉寺(焼失)南は信濃妙見寺のものを呼んだと言われている。また、鳴龍の四方には、中国の唐の時代から伝わっている。孝行の手かがみ24孝が、繊細なタッチで画かれている。 上田市教育委員会 」とあります。妙見寺鳴龍は平成元年(1989)に上田市指定有形文化財に指定されています。境内正面(旧参道)にある「妙見寺の掌善掌悪の碑」は宝暦7年(1757)に建立されたもので高さ158cm、幅50cm、厚さ35cm、向って右側の碑には「掌 善」、左側の碑には「掌 悪」と刻まれ妙見寺の境内に結界を張っています。「妙見寺の掌善掌悪の碑」は平成6年(1994)に上田市指定文化財に指定されています。山門は三間一戸、切妻、桟瓦葺き、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁、高欄付。中部四十九薬師霊場第5番札所(札所本尊:なで薬師・ボケ薬師)。山号:鳴竜山。院号:密厳院。宗派:真言宗。本尊:大日如来。

 長野県上田市:観光・旅行見所ナビ:
国分尼寺跡安良居神社荒神宮信州大学繊維学部講堂(旧上田蚕糸専門学校講堂)大法寺小泉大日堂南方薬師堂願行寺藩主居館
日吉神社日吉神社本陽寺法住寺芳泉寺飯島商店上田蚕種協業組合事務棟信濃国分寺信濃国分寺跡向源寺前山寺保命水
妙見寺生島足島神社日輪寺岡城龍光院西光寺真田神社塩野神社上田城宗安寺宗吽寺平井諏訪神社旧上田市立図書館
中禅寺浦野宿上田市真田町安楽寺北向観音別所温泉鹿教湯温泉文殊堂
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>上田市」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。