上田市: 生島足島神社

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)上田市:歴史・観光・見所>生島足島神社
長野県の国宝
 ・ 大法寺
 ・ 安楽寺
 ・ 仁科神明宮
 ・ 善光寺
 ・ 松本城
 ・ 
長野県の見所
 ・ 諏訪大社上社本宮
 ・ 中山道(木曽路)
 ・ 中山道(信濃路)
 ・ 千国街道
 ・ 新海三社神社
 ・ 小菅神社
 ・ 穂高神社
 ・ 大宮熱田神社
 ・ 熱田神社
 ・ 小野神社
 ・ 武水別神社
 ・ 矢彦神社
 ・ 生島足島神社
 ・ 戸隠神社
 ・ 別所温泉
 ・ 野沢温泉
 ・ 渋温泉
 ・ 皆神神社
 ・ 中禅寺
 ・ 布引観音
 ・ 若一王子神社
 ・ 信濃国分寺
 ・ 前山寺
 ・ 三州街道
 ・ 貞祥寺
 ・ 北向観音
 ・ 元善光寺
 ・ 小諸城
 ・ 上田城
 ・ 松代城
 ・ 高遠城
 ・ 龍岡城五稜郭
 ・ 旧開智学校
 ・ 善光寺西街道
 ・ 青鬼集落
 ・ 角間温泉
 ・ 浅間温泉
 ・ 寝覚の床
 ・ 妻籠宿
 ・ 海野宿
 ・ 木曽平沢
 ・ 鹿教湯温泉
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
生島足島神社(上田市)概要: 生島足島神社は長野県上田市下之郷に鎮座しています。生島足島神社の創建は不詳ですが、諏訪大社の祭神である建御名方命が勧請される遥か以前から当地に祀られていたと伝えられています。生島足島神社古代、境内一帯は日本国の中央、中心と考えられており、その日本全土の守護神、総鎮守として生島神(生国魂大神)、足島神(足国魂大神)が勧請されました。建御名方命が諏訪へ向う途中、この地半年間留まり生島神、足島神に米粥を煮て献じるなど奉仕し、現在に伝わる御籠祭の神事は、この故事を受継いでものとされています(当時の諏訪地方には地元神と思われる洩矢神がいた為、建御名方命が諏訪に入る事が出来ず戦さが行われたとの伝承が残っています。建御名方命は当地の地元神と思われる生島足島神に近寄る事で味方に付けたかったのかも知れません。)。記録的には平安時代に編纂された「新抄格勅符抄」に大同元年(806)には神封戸の寄進がある事が記載されていることから少なくともこれ以前から鎮座していました。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳には「生島足島神社二座 並名神大」との記載があり有力な神社として記載される式内社の中でもさらに格式が高い名神大社に列していました。歴代領主からも崇敬庇護され建治年間(1275〜1278年)には北条国時(当時の領主塩田北条家)が社殿を造営し、第4次川中島の戦い(最大の激戦となった)の2年前の永禄2年(1559)には武田信玄が上杉謙信に対して決戦を望む戦勝祈願を生島足島神社(当時は下郷諏訪大明神)行い社殿修繕料を寄進しています。武田家が滅ぶと真田昌幸・信幸をはじめ歴代上田城主が社殿の再建や社領の寄進を行い慶長15年(1610)には上田藩(藩庁:上田城)の藩主となった真田信之が生島足島神社摂社諏訪社本殿を再建しています。何時頃からか「下之郷大明神」、「諏方法性大明神」、「下之郷上下宮」、「下郷諏訪大明神」などと呼ばれていましたが寛政11年(1799)、京都吉田家の許可を得て旧社号と思われる「生島足島神社」に復しています。明治時代の神仏分離令を経て、明治23年(1890)に国幣中社に列しています。

現在の生島足島神社本殿内殿は戦国時代の天文年間(1522〜1555年)に建てられた建物で切妻、板葺(元こけら葺)、桁行3間、梁間2間、向って左側2間が内陣、右側1間が外陣で共に床がなく、内陣の土間が御神体とされます。生島足島神社本殿内殿の同形式ものは現在、日前国懸神宮本殿以外なく貴重な事から平成10年(1998)に長野県の県宝に指定されています。生島足島神社摂社諏訪社本殿及び門は慶長10年(1610)に上田藩主真田信之が寄進したもので、本殿は一間社流造、銅板葺き、間口2.8m、門は諏訪大社の建築形式を模した「御門屋」形式、桃山文化を継承した華麗な社殿建築で、門は現存する「御門屋」形式最古の建物として貴重な事から平成14年(2002)に長野県の県宝に指定されています。生島足島神社歌舞伎舞台は明治元年(1868)に建てられた建物で、桁行9間、梁間7間、中2階に「太夫坐」や「下座」を設け中央には「廻り舞台」その前方に「せり上り」があります。長野県に残る農村歌舞伎舞台では最大規模で全国的にみても上位とされ、ほぼ完全な形を残している貴重な建物として昭和61年(1986)に長野県の県宝に指定されています。生島足島神社文書は主に武田信玄が生島足島神社に家臣達を集め、信玄に対して忠誠を誓させた内容のものが多く、永禄9年(1566)3通、永禄10年(1567)80通、合計83通が昭和62年(1987)に国指定重要文化財に指定されています。鉄製湯釜(6個)は室町時代から江戸時代にかけて生島足島神社の神事用に奉納されたもので、鋳鉄広口釜、高さ21.8〜28.6cm、口径44〜50cm、神事の形式や、湯立釜の変遷が判る貴重な遺構である事から昭和55年(1980)に上田市指定文化財に指定されています。木造狛犬は室町時代に生島足島神社に奉納されたもので、桧材、寄木造、胡粉地仕上げ、阿形総高54.2cm、吽形総高54.5cm、室町時代の大型狛犬の遺構として貴重な事から昭和55年(1980)に上田市指定文化財に指定されています。

生島足島神社の文化財
・ 生島足島神社文書(起請文83通)−室町時代−国指定重要文化財
・ 本殿内殿−天文年間−三間社、切妻、板葺(こけら葺)−長野県県宝
・ 歌舞伎舞台−明治元年−切妻、桟瓦葺、平入、桁行9間−長野県県宝
・ 摂社諏訪社本殿及び門−慶長15年−一間社流造、銅板葺−長野県県宝
・ 鉄製湯釜−室町時代(天正15年)〜江戸時代−上田市指定文化財
・ 木造狛犬−室町時代−桧材、寄木造、胡粉地−上田市指定文化財
・ 下之郷三頭獅子−上田市指定無形民俗文化財

生島足島神社
生島足島神社
[ 付近地図: 長野県上田市 ]・[ 上田市:歴史・観光・見所 ]
生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社
生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社
生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社 生島足島神社
長野県(ホーム)

 長野県上田市:観光・旅行見所ナビ:
国分尼寺跡安良居神社荒神宮信州大学繊維学部講堂(旧上田蚕糸専門学校講堂)大法寺小泉大日堂南方薬師堂願行寺藩主居館日吉神社
日吉神社本陽寺法住寺芳泉寺飯島商店上田蚕種協業組合事務棟信濃国分寺信濃国分寺跡向源寺前山寺妙見寺生島足島神社岡城
日輪寺龍光院西光寺真田神社塩野神社宗安寺宗吽寺中禅寺浦野宿海禅寺(上田城鬼門鎮護)上田市真田町山家神社(上田城守護神)
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>上田市>生島足島神社」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。