日根野高吉

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>慈雲寺(長野県・下諏訪町)
【 菩提者 】 日根野氏は和泉国出身とされ、鎌倉時代に長滝庄の庄官である中原氏の一族が日根野村に配された際、地名に因み「日根野」姓を名乗ったとされます。戦国時代にその一族の一人と思われる、日根野九郎左衛門尉が美濃に移り住、美濃国を制した斎藤道三に仕えるようになり、九郎左衛門尉の子供とされる日根野弘就は美濃六人衆の一人に数えられる出世を遂げています。斎藤家が没落すると今川家に仕えますが、今川家もすぐに没落した為、織田信長に仕えています。天正10年(1582)に本能寺の変で信長が倒れると、織田信孝に仕えた後に羽柴(豊臣)秀吉に仕え、その後一時浪人になったものの、天正18年(1590)の小田原合戦で戦功を挙げ、復権を果たしています。一方、嫡男である日根野高吉も秀吉に仕え、大坂城や伏見城の普請役としても功績があ、り小田原合戦では山中城(静岡県三島市山中新田)を攻略戦で大功を立て諏訪領2万8千石が与えられ、朝鮮出兵時には備前名護屋城の普請も手掛けています。高吉は文禄元年(1592)高島城の築城と領内整備を行う一方で、高い課税をかけ、長く当地を支配した諏訪氏の居城である金子城を破却して高島城の用材として利用し、領民の墓碑も石垣等にした事で諏訪領民からは人気が無かったとされます。慶長5年(1600)の関ケ原の戦いでは豊臣家を見限り、徳川方に転じましたが、高島城の城内で死没し、跡を継いだ日根野吉明はまだ幼少で高吉の死没という混乱の中、目立った行動が出来ず、結果的に壬生藩(栃木県壬生町)1万9千石に減封となっています。高吉没後50回忌供養の際、菩提寺である慈雲寺下諏訪町)の境内に吉明により供養塔が奉納されています。

日根野高吉の菩提寺である慈雲寺は、中山道甲州街道の宿場町である下諏訪宿(長野県下諏訪町)に境内を構えています。下諏訪宿は諏訪地方でも早くから開けていた場所で、諏訪地方では唯一の前方後円墳である下諏訪青塚古墳が築造され、そのすぐそばには信濃一宮である諏訪大社下社秋宮が鎮座している事から、諏訪地方の支配階級の本拠だった事が窺えます。長く、諏訪大社下社(秋宮・春宮)の門前町として栄えていましたが、江戸時代に入り中山道甲州街道が開削されると、その宿場町に指定されています。中山道、甲州街道共に幕府が定めた五街道の一つで、その街道同志が交わる交通の要衝として下諏訪宿は大いに賑わいました。特に本陣職を担った岩波家には参勤交代で下諏訪宿を利用した諸大名の宿所となり、庭園(下諏訪町指定史跡)は中山道随一と評されています。

【 寺  号 】 慈雲寺
【 所在地 】 長野県諏訪郡下諏訪町東町中
【 創建年 】 正安2年(1300)
【 開  山 】 一山一寧
【 開  基 】 金刺遠江守義貞
【 山  号 】 白華山
【 宗  派 】 臨済宗妙心寺派
【 本  尊 】 十一面観音
【 備  考 】 日根野織部正高吉供養塔(下諏訪町指定文化財)
長野県大名菩提寺
真田信之松代藩主真田家小松姫真田信重真田信政高島藩主諏訪家上田藩仙石家仙石家上田藩松平家寒松院真田信綱真田幸隆・昌幸塩田北条家内藤家高遠藩主保科家・諏訪御料人飯山藩主堀家・佐久間家飯山藩主松平家・本多家泉家・小島弥太郎小笠原家仙石秀久・内藤家武田信玄龍岡藩主松平家・依田信蕃知久家望月家武田信玄福島正則木曽家・山村家木曽義仲大井信定滋野家吉良義周石川数正石川数正石川数正伴野家大井家木曽家木曽家・山村家仁科家日根野高吉
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。