仙石秀久・内藤家

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>西念寺(長野県・佐久市)
【 菩提者 】 仙石秀久は天文21年(1552)、仙石久盛の4男として生まれ、本来仙石家を継ぐ可能性が低かったのですが、3人の兄全てが次々と討死した為、養子先だった萩原家から呼び戻され宗家を相続しました。当初は斎藤龍興に従っていましたが、織田信長により斎藤家が滅ぶと信長に従い、羽柴秀吉の馬廻衆となりました。その後は秀吉古参の家臣として数々の戦に従軍し天正7年(1579)には茶臼山城主になるなど要職を果しました。天正10年(1982)の本能寺の変で信長が死去すると、秀吉に従った秀久は淡路島で明智光秀に与した諸氏を平定し功績を挙げています。賤ヶ岳の戦いでは主に四国の長宗我部元親の牽制に尽力し戦には破れたものの、牽制という意味では目的を果たし淡路洲本領5万石が与えられ、さらに秀吉の四国統一にも従軍し讃岐1国の国持大名に出世しています。しかし、天正14年(1586)の秀吉の九州攻めでは四国勢の軍監として逸早く九州に着陣、豊臣軍本隊が到着するまで籠城に徹する秀吉の命が出たのにも係わらず、命令を無視して四国勢だけで戦端を開き、九州の島津方に大敗北を喫します。さらに、自軍の残存兵をまとめ上げ撤退しなければならないところ、小数の兵と共に讃岐へ逃亡するという愚挙を演じ、四国勢は大きな損失を出しました。秀吉の怒りはすさまじかったらしく、秀久は改易の上、高野山に追放となりました。天正18年(1590)の小田原の役の際、浪人となった旧家臣達を引連れて参陣、徳川家康の推挙もあり戦への参加が認められました。秀久は派手な衣装を纏い、奇抜な行動を取ると同時に戦働きでも功を挙げ、小諸領5万石で復権を果しています。さらに、文禄元年(1592)の肥前名護屋城の築城や文禄3年(1594)の伏見城の築城などでも功を挙げ5万7千石となり、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでも東軍に与し領地の安堵が認められ初代小諸藩(藩庁:小諸城)の藩主に就任しています。慶長19年(1614)、武州国鴻巣で死去、享年63歳、戒名「円覚院殿宝誉道樹大禅定門」。墓碑は亡くなった場所である勝善寺、菩提寺である宝泉寺(後に上田の芳泉寺に改葬)、西念寺(佐久市)に建立されています。

三河内藤家(政次系)の内藤正友が元禄16年(1703)、信濃国佐久郡内(現在の長野県佐久市)1万6千石を与えられ岩村田藩(藩庁:岩村田城)を立藩し初代藩主となっています。正友は大坂定番などの要職を歴任し元々領していた1万石から6千石が加増された形で、2男正敬が家督を継いだ際、3男正直に1千石が分知され1万5千石となっています。4代正興は男子が生まれなかった事から肥前唐津藩主・水野忠鼎の四男・忠令(正国に改名)を婿養子として迎え、その正国も子供に恵まれず甥である水野正縄を養子にして6代藩主としています。正縄は老中として天保の改革を中心的に指導した水野忠邦の実弟であった事から幕政でも重用され日光祭礼奉行、大坂加番、大番頭、伏見奉行などの要職を歴任し安政5年(1858)城主格に格上げされています。7代正誠は日光祭礼奉行や、奏者番、寺社奉行などを歴任し戊辰戦争の際は当初立場を鮮明にしない事から明治新政府から謹慎を命じられています。その後は新政府軍に協力し北越戦争などに兵を送り出しています。西念寺は内藤家の領内菩提寺で境内には4代藩主内藤正国の墓碑が建立されています。

【 寺  号 】 西念寺
【 所在地 】 長野県佐久市岩村田本町
【 創建年 】 弘治元年(1555)
【 開  山 】 岌往上人(京都知恩院二十一世)
【 開  基 】 武田信玄
【 山  号 】 一行山
【 宗  派 】 浄土宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来
【 備  考 】 仙石秀久の墓碑
仙石政直(秀久の6男)の墓碑
内藤正国(岩村田藩4代藩主)の墓碑
長野県大名菩提寺
真田信之松代藩主真田家小松姫真田信重真田信政高島藩主諏訪家上田藩仙石家仙石家上田藩松平家寒松院真田信綱真田幸隆・昌幸塩田北条家内藤家高遠藩主保科家・諏訪御料人飯山藩主堀家・佐久間家飯山藩主松平家・本多家泉家・小島弥太郎小笠原家仙石秀久・内藤家武田信玄龍岡藩主松平家・依田信蕃知久家望月家武田信玄福島正則木曽家・山村家木曽義仲大井信定滋野家吉良義周石川数正石川数正石川数正伴野家大井家木曽家木曽家・山村家仁科家日根野高吉
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。