松代藩真田家古塔

  長野県:歴史・観光・見所長野市:歴史・観光・見所善光寺>松代藩真田家古塔

概要・歴史・観光・見所
松代藩真田家古塔(善光寺)概要: 案内板によると「 江戸時代に善光寺の外護職を務めた松代藩の藩主、真田家の供養塔です。松代藩は善光寺を保護するとともに篤く信仰していました。境内東部には重臣等らの供養等も現存しています。松代と善光寺とのご縁は今も深く、七年に一度の善光寺御開帳の折には、本堂前に建つ大回向柱の用材を松代町が毎回寄進しています。 」とあります。古塔は本堂背後に建立され、頭身も大きく格式のある塔で松代藩主を歴任した真田家と善光寺の関係を示す史料的価値も大きいと思います。

松代藩真田家古塔:写真

松代藩真田家古塔
[ 付近地図: 長野県長野市 ]・[ 長野市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。