上田市真田町: 安知羅大明神

  長野県:歴史・観光・見所真田氏・史跡・観光上田市真田町:歴史・観光・見所>安知羅大明神

概要・歴史・観光・見所
安知羅大明神(上田市真田町)概要: 創建や歴史等不詳ですが、御神体である神像(安知羅様)が真田幸村(又は幸隆の少年時代)を模したものと伝えられています(御神体は度々盗まれる事から現在は民家にて安置されています)。社殿は真田氏の城の1つとされる松尾城の麓に位置し、真田氏一族の墳墓跡と見られる日向畑遺跡(上田市指定史跡)に隣接し、平場は当時の真田氏居館跡とも云われています。又、伝承によると幸村は幸隆の娘と天狗との間に出来た子供とされ(一般的には幸村は幸隆の3男である昌幸の2男)、その幸村を神(天狗と人間との間に生まれたとして神格化された)として祀ったのが安知羅神社とも云われています。社殿は小規模で一間社、切妻、平入、鉄板葺、境内には阿弥陀堂や石仏、石祠などがあり篤く信仰されていた事が窺えます

安知羅大明神:写真

安知羅大明神
[ 付近地図:長野県上田市真田町 ]・[ 上田市真田町:歴史・観光・見所 ]
安知羅大明神 安知羅大明神 安知羅大明神 安知羅大明神


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。