小川村: 旧長野県知事公舎

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)近代洋風建築(洋館)>旧長野県知事公舎

旧長野県知事公舎
旧県知事公舎
[ 付近地図: 長野県小川村 ]
旧県知事公舎 旧県知事公舎 旧県知事公舎 旧県知事公舎
概要・歴史・観光・見所
旧長野県知事公舎(小川村)概要: 旧長野県知事公舎は長野県上水内郡小川村高府に位置しています。旧長野県知事公舎は大正9年(1920)に建てられた洋風建築と和風建築を接続させたユニークな建物です。洋風建築は木造2階建て、切妻、金属板葺きで外壁はモルタルと漆喰で仕上げられていて1階が下見板張調、2階が平滑となっています。縦長窓の採用や、ドーマ、暖炉、妻面をハンマービームで張り出すなど当時の洋風建築の要素を取り入れ主に公邸として使用されていました。和風建築の方は木造平屋建て、寄棟、桟瓦葺き、正面には千鳥破風調の屋根と同風の車寄せを取り付ける事で建物の正面性を演出しています。平成16(2004)年に現在地に移築復元され小川村郷土歴史館として一般公開されています。旧長野県知事公舎は大正時代に建てられた庁舎建築の遺構として貴重な事から平成18年(2006)に小川村指定有形文化財に指定されています。

  長野県観光・旅行見所ナビ:
長野市松本市辰野町妻籠宿中野市須坂市千曲市長野市松代町小諸市東御市飯山市諏訪湖伊那市飯田市塩尻市
安曇野市小布施町木曽町佐久市長和町鹿教湯温泉上田市海野宿
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。