上田市・塩田城

長野県:歴史・観光・見所(ホーム)上田市観光>塩田城

塩田城

[ 塩田城 ]
スポンサードリンク
塩田城概要: 塩田城は北条義政が建治3年(1277)に館を構えたのが始まりとされます。北条氏は義政、国時、俊時の3代がこの地を治め塩田北条氏として幕府にも大きな影響力を持ちました。塩田北条氏は元弘3年(1333)に幕府と命運を共にして滅亡しましたが、その後も塩田城はこの地の軍事的拠点として重要視され村上氏の重臣福沢氏や武田氏の重臣飯富氏など城主として勤めました。天正10年(1582)に武田氏が滅亡すると真田氏の支配となり天正11年(1583)に上田城が築城されると廃城となっています。城域は東西200m、南北700mにも及び長野県最大規模の中世山城として貴重な存在で石垣や空掘りなどの遺構が点在しています。塩田城は昭和45年に長野県指定史跡に指定されています。

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>上田市」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。