別所温泉:北向観音・額堂

ホーム長野県の温泉街別所温泉:観光・歴史北向観音額堂写真

別所温泉:北向観音・額堂

額堂 概要: 一般的には所謂絵馬堂と呼ばれるもので、奉納された絵馬などを掲げる施設的要素が強い建物です。北向観音堂など内部にはなかなか敷居が高く入りづらいので、開放感のある建物に絵馬を掲げ広く民衆にも見てもらえるようになっています。現在でも外壁の軒下には数多くの額が掲げられ当時の様子が窺えます。内部には何故か仁王像が一対祀られていますが、一般的に仁王像は山門内部や参道の両脇に安置され、境内に入って来る邪気や悪鬼を退散させる役目を担っていると思っていました。同じ上田市内にある鹿教湯温泉でも仁王像が御堂内部に安置していました。建物は入母屋、桟瓦葺、桁行3間、梁間2間、正面に壁が無く当時の額堂の名残が見られます。

スポンサードリンク
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>上田市:歴史・観光・見所>別所温泉:歴史・観光・見所>額堂」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「長野県観光記」、「関係HP」を参考にさせていただいています。