別所温泉:北向観音・愛染堂・写真

ホーム長野県の温泉街別所温泉:観光・歴史北向観音(常楽寺)>愛染堂写真

別所温泉:北向観音・愛染堂

愛染堂 概要: 北向観音の境内にありカツラの大木の近くに建立されています。名称から愛染明王が祀られていると思われます。愛染明王は金剛界で最高の明王とされ、功徳として「能滅無量罪 能生無量福」を説いていることから、一般民衆は愛欲を無罪とし、それを糧として幸福を得ることが出来ると解釈し「恋愛・縁結び・家庭円満」を司る仏として信仰が広がりました。当然、仏門ではそれらの事柄は禁止事項でしたが信仰を広げる必要性から民衆には否定しませんでした。一般的な御姿は一面六臂、忿怒相、獅子の冠、台座は蓮華、結跏趺坐ですが、北向観音のものは見ていないので不詳。現在の建物は明治15年(1882)に上田常盤城村出身の色川徳兵衛が建てたもので入母屋、桟瓦葺、妻入、正面唐破風向拝付、小規模ながら精緻な彫刻が施され格式のある造りになっています。
スポンサードリンク
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>上田市:歴史・観光・見所>別所温泉:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「長野県観光記」、「関係HP」を参考にさせていただいています。