別所温泉:北向観音・芭蕉句碑

ホーム長野県の温泉街別所温泉:観光・歴史北向観音>芭蕉句碑写真

別所温泉:北向観音・芭蕉句碑

芭蕉句碑 概要: 北向観音(慈覚大師円仁創建、本尊千手観音世音菩薩)の境内の医王尊瑠璃殿(文化6年に再建、懸け造り、薬師如来安置)下にある芭蕉句碑は安永3年(1774)に建立されたもので揮毫は加舎白雄(上田出身の俳人)、「 観音の いらか見やりつ はなの雲 」と刻まれています。この句は貞亨3年(1686年)、松尾芭蕉43歳、江戸深川の草庵で病で伏せっていた時、布団の中で詠んだ句と云われています。「観音のいらか」とは当然、北向観音の事ではなく浅草観音寺の大屋根の事で「はなの雲」とは桜が満開で雲のように咲き誇っている様子を現しているようです。

スポンサードリンク
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>上田市:歴史・観光・見所>別所温泉:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「長野県観光記」、「関係HP」を参考にさせていただいています。