善光寺: 鐘楼

  長野県:歴史・観光・見所長野市:歴史・観光・見所善光寺>鐘楼

概要・歴史・観光・見所
鐘楼(善光寺)概要: 善光寺鐘楼善光寺鐘楼善光寺鐘楼は本堂の向って右側に位置し嘉永6年(1853)に再建されたものです。入母屋、檜皮葺で6本の柱は「南無阿弥陀仏」のの六字名号にちなんだものと言われています。梵鐘は寛文7年(1667)に鋳造されたもので寄進者は1115名とされ善光寺の信仰の広さが窺えます。善光寺梵鐘は昭和18年(1943)に重要美術品に指定され、平成8年(1996)には「日本の音風景百選」に選定されています。

鐘楼:写真

善光寺鐘楼
[ 付近地図: 長野県長野市 ]・[ 長野市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。