中野市: 法運寺

  長野県:歴史・観光・見所中野市:歴史・観光・見所>法運寺

概要・歴史・観光・見所
法運寺(中野市)概要: 小石山法運寺は長野県中野市中央2丁目に境内を構えている浄土宗の寺院です。法運寺の創建は室町時代末期の天文20年(1551)に開山したのが始まりとされます。明治3年(1870)、圧政と増税に苦しんだ地域の農民達が一斉蜂起し所謂「中の騒動」が勃発。その騒動の中、中野県庁にも大勢の一揆衆が詰め寄せ施設が炎上し、近隣にあった法運寺が仮庁舎として利用されています。他地域での一揆指導者は義民として信仰の対象になるの対し、中野では為政者の報復を恐れ、殉難者やその家族に対しては冷たく、まともに葬儀埋葬が行われなかった事から昭和54年(1979)、法運寺境内に中野騒動殉難者の慰霊する為、聖観世音菩薩像が建立されています。山門は切妻、桟瓦葺き、三間一戸、桁行3間、張間2間、八脚単層門。本堂は木造平屋建て、寄棟、鉄板葺き、平入、桁行6間、正面1間唐破風向拝付き、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、唐破風懸魚には鳳凰、向拝欄間部には龍、木鼻には獅子の精緻な彫刻が施されています。山号:小石山。院号:龍泉院。宗派:浄土宗。本尊:阿弥陀如来。

法運寺:写真

法運寺
[ 付近地図: 長野県中野市 ]・[ 中野市:歴史・観光・見所 ]
法運寺 法運寺 法運寺 法運寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。