東本社・概要

長野県:歴史・観光・見所(ホーム)佐久市:歴史・観光・見所龍岡町新海三社神社>写真

新海三社神社・東本社

[ 新海三社神社 ]
スポンサードリンク
新海三社神社・東本社概要: 東本社には新海三社神社の主祭神である興波岐命(新開神)が祭られています。中本社、西本社の項でも記しましたが、新海三社神社は上野国、信濃国の両国に何らかな関わりがあり、奉斎する神をどちらか一方の一宮の祭神をするには都合が悪かった事から、両神の御子神とする興波岐命(新開神)を主祭神とし、配祀として上野国一宮である貫前神社の祭神荒船明神(姫大神・貫前神)、信濃国一宮である諏訪大社の祭神建御名方命を祭ったと推察しました。しかし、社殿の配置からみると、鳥居、参道、拝殿と略一直線で結んでおり、その背後は中本社の社殿が配されている事から、信仰の中心は中本社に祭られている建御名方命と考える事も出来ます。江戸時代に描かれた「新海三社神社絵図」でも、神宮寺や楼門、回廊などが解体されているものの現在と略同じ配置に描かれている事から少なくとも明治時代以前は建御名方命が主祭神だった印象を受けます。又、明治時代の配置図と思われる図面には中本社、西本社を「本殿」、東本社は「東宮」としているのも気になります。さらに言うと、東本社だけが少し離れた位置に配されているのも謎の1つで、その背後に三重塔が控えているのも見た事が無く極めて異例な配置と言え、同じく中本社、西本社の間に建立されている御魂代石も謎、その背後に建立されている石層塔も謎、と謎々が続きます。

個人的な推測として、創建当初は西本社に荒船明神、中本社に興波岐命(新開神)、東本社に建御名方命が祭られていたものの、当初の信仰が薄れ諏訪信仰が盛んになると、中本社に建御名方命が祭られるようになった為、信濃国内で建御名方命の側室的な立場の荒船明神が隣で祭る事が憚れ、荒船明神の縁が深い荒船山神社奥宮の祭神である事代主命が西本社に勧請され、東本社に興波岐命(新開神)が遷されたと思われます。「神道集」には古代インド国王の姫(好美女)が荒船山に降臨し諏訪明神と恋仲となった為、正室的立場の下諏訪の妃神(八坂刀売神)が嫉妬し甘楽笹岡尾崎に社を建て追いやり姫は荒船明神と呼ばれるようになった旨が記されていますが、その話に似たような事が新海三社神社でも行われたような印象を受けます。

御魂代石は神の依代、又は御神体と目される石造物ですがそれがどうして中本社、西本社の間に建立されているのか全く説明がつきません。神社の社殿は本来、御神体とする背後の山や奇岩怪石、滝、大木などを遥拝、奉斎する施設だった事から、御魂代石が神の依代、又は御神体と目される石造物としたら、社殿の背後にあるべき存在のはずです。現在、中本社、西本社の背後にある石層塔こそがその役割を担うべく存在であり、御魂代石は別の意味があると思われ、個人的な推測としては御魂代石は布都御魂を見立て建立されたのではないかと考えています。上記でも記したように新海三社神社は当初、西本社で貫前神社の祭神である荒船明神(姫大神・貫前神)が祭られていた可能性があり、そして、貫前神社は荒船明神と経津主神の2柱が主祭神で、その経津主神が布都御魂と同神とされるのです。布都御魂は全てを断ち切る霊剣である事から、中本社、西本社は仲良く夫婦が祭られている一方で、貫前神社のもう片方の祭神である経津主神(布都御魂)がその間を切り裂くという構図を作り出したのかも知れません。

興波岐命(新開神)は本来新海三社神社の主祭神だったものの東本社に遷された事で主参道からは外れ、一定期間の間重要性が失われていたと思われますが、室町時代以降は考え方が創建当時に戻され、社殿背後に三重塔を造営する事で神格化を演出し、社殿も中本社、西本社より規模を大きくしたと思われます。東本社は昭和12年(1937)7月29日に国指定重要文化財に指定されています。

スポンサードリンク
写真1:大鳥居 写真2:参道の石段 写真3:拝殿 写真4:西本社・中本社 写真5:西本社 写真6:中本社 写真7:神楽殿 写真8:東本社
写真9:神楽殿・拝殿 写真10:三重塔 写真11:三重塔(俯瞰) 写真12:西幸殿 写真13:東幸殿 写真14:荘厳な参道の石段 写真15:東本社正面 写真16:神橋越に見える三重塔

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>佐久市>龍岡町>新海三社神社」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。