延命地蔵(南木曽町吾妻)

  長野県:歴史・観光・見所妻籠宿:歴史・観光・見所>延命地蔵

概要・歴史・観光・見所
延命地蔵(妻籠宿)概要: 延命地蔵は妻籠宿の本陣家(島崎家)、脇本陣家(林家)の菩提寺である光徳寺参道下に位置しています。延命地蔵堂(長野県木曽郡南木曽町)が何時頃から祭られていたのかは判りませんが、享保10年(1725)に編纂された「木曽妻籠宿書留」によると「地蔵堂」として記載されていた事から江戸時代中期には既に存在していた事が窺えます。又、伝承によると江戸時代後期の文化10年(1813)5月10日、妻籠宿近くの蘭川の川原に地蔵尊の姿が浮かび上がるという石を見つけた旅人が当時の光徳寺住職である中外和尚に告げ、それを確認した和尚は仏の意を感じ取り、妻籠宿の住民達と協力し、地蔵堂まで運んだと伝えられています。昼夜の気温差が激しい事から度々結露が発生し、その様がまるで汗がかいているように見えた事から「汗かき地蔵」の異名があります。延命岩(汗かき地蔵)は自然石で高さ約2m程、特に女性の苦しみを身代わりになって救ってくれると信仰され、毎年4月23日又は24日には例祭が行われています。延命地蔵堂は木造平屋建、切妻、鉄板葺、妻入、桁行3間、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、腰壁は縦板張り、「延命岩」の扁額が掲げられています。

延命地蔵:写真

延命地蔵
[ 付近地図: 長野県南木曽町 ]・[ 妻籠宿:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。