小布施町: 浄光寺

  長野県:歴史・観光・見所小布施町:歴史・観光・見所>浄光寺

概要・歴史・観光・見所
浄光寺(小布施町)概要: 浄光寺は長野県上高井郡小布施町雁田に境内を構えています。浄光寺浄光寺の創建は奈良時代の天平2年(730)に僧玄明が開山したのが始まりと伝えられています。大同4年(809)には坂上田村麻呂が北夷征定の際、戦勝祈願を行い見事願いが達成された為、堂宇を再建、境内を整備しました。現在の浄光寺薬師堂は応永15年(1408)に建てられたもので一重入母屋、茅葺、三間四面、蟇股や木鼻、天井、板壁に残る極彩色の仏画、斗供など室町時代初期の御堂建築の手法が残る貴重な事から明治40年(1907)に国指定重要文化財に指定されています(左側板壁に描かれた阿弥陀如来坐像が小布施町宝)。本尊の薬師瑠璃光如来十二神将(長野県宝、脇侍である日光・月光両菩薩像は小布施町宝)は応永16年(1409)に制作されたもので現在も"雁田の薬師様"として信仰されています。寺宝である阿弥陀如来立像は小布施町最古の鎌倉時代(14世紀)に製作されたもので像高13.4cm、重量225g、昭和57年(1982)に小布施町宝に指定されています。宗派:真言宗豊山派。本尊:薬師如来。

浄光寺の文化財
・ 浄光寺薬師堂−応永15年−入母屋、茅葺、3×4−国指定重要文化財
・ 金銅仏(阿弥陀如来立像)−鎌倉時代−銅造、像高13.4p−小布施町宝
・ 浄光寺薬師堂壁画−応永15年−中国宋様式、阿弥陀如来坐像−小布施町宝
・ 木造薬師如来坐像−応永16年−桧材、寄木造、像高44.5p−小布施町宝
・ 十二神将(12躯)−応永16年−桧材、寄木造−小布施町宝
・ 日光菩薩・月光菩薩−応永16年−小布施町宝

浄光寺:写真

浄光寺
[ 付近地図: 長野県中野市 ]・[ 中野市:歴史・観光・見所 ]
浄光寺 浄光寺 浄光寺 浄光寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。