浅間温泉: 荻原井泉水句碑

  長野県:歴史・観光・見所浅間温泉:歴史・観光・見所>荻原井泉水句碑

概要・歴史・観光・見所
荻原井泉水句碑(浅間温泉)概要: 荻原井泉水は明治から昭和にかけての俳人で、新傾向俳句機関誌「層雲」の主宰や句集「自然の扉」を刊行しました。大正元年に始めて浅間温泉にあった鷹の湯を利用して以来、度々湯治に訪れています。荻原井泉水句碑は昭和50年(1975)に鷹の湯旅館が改築することになり、その記念に建立されたもので「 しなのは 山と月と 父のふる里 」が刻み込まれています。荻原井泉水の父親が長野県北安曇郡池田町出身で信濃の自然をこよなく愛した事からこの句が詠われたと思われます。

荻原井泉水句碑:写真

荻原井泉水句碑
[ 付近地図: 長野県松本市 ]・[ 浅間温泉:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。