浅間温泉: 花ノ本聴秋句碑

  長野県:歴史・観光・見所浅間温泉:歴史・観光・見所>花ノ本聴秋句碑

概要・歴史・観光・見所
花ノ本聴秋句碑(浅間温泉)概要: 花ノ本聴秋(上田肇)は現在の岐阜県大垣市に生まれた明治・大正時代の俳人です。明治17年(1884)に京都で「梅黄社」の設立し「鴨東集」を刊行するなど積極的に活動し花本流派の11世宗匠として京都の俳壇で大きな影響力を持ち、当時の「俳諧十二傑(上田聴秋・三森幹雄・雪中庵雀志・正岡子規・幸堂得知・老鼠堂永機・巌谷小波・内藤鳴雪・尾崎紅葉・角田竹冷・桂花園桂花)」に数えられました。花ノ本聴秋句碑は大正6年(1917)、浅間公園の不動滝が完成した時に建立したもので「 虹吐いて 夏よせつけぬ 瀑布かな 聴秋 」と刻み込まれています。

花ノ本聴秋句碑:写真

花ノ本聴秋句碑
[ 付近地図: 長野県松本市 ]・[ 浅間温泉:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。