飯田藩

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)長野県の城下町>飯田藩
飯田藩・歴史・観光・見所
飯田藩概要: 飯田藩(現在の飯田市周辺)の初代藩主とされる京極高知は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで東軍側に組した功により丹後国宮津藩へ加増移封されました。飯田藩には小笠原秀政が5万石で入封、さらに元和3年(1617)からは脇坂安元が5.5万石で藩主となります。寛文12年(1672)に堀親昌が2万石で入ると藩政が安定し以後、堀家が代々世襲し12代続き明治維新を迎えます。財政的には石高が低い為、慢性的に困窮し、度々一揆が起こっています。幕末には天狗党追討の命を受けたものの無傷で領内を通過させた事で2千石が減らされ11代藩主親義は講武所奉行を罷免されています。その後、親義は徳川家茂の大阪警衛や京都見廻役頭・文武場用向取扱、奏者番などを任ぜられ常に幕府側として行動しましたが、江戸城開城後は新政府側に転じ長岡や会津若松で転戦しています。
  スポンサーリンク
 

飯田藩歴代領主
 藩主名藩主年間石高備考
初代京極高知1593〜160010万石 
初代小笠原秀政1600〜16135万石 
初代脇坂安元1617〜16535.5万石 
2代脇坂安政1654〜16725.5万石 
初代堀親昌1672〜16732万石 
2代堀親貞1673〜16852万石 
3代堀親常1686〜16972万石 
4代堀親賢1697〜17152万石 
5代堀親庸1715〜17282万石 
6代堀親蔵1728〜17462万石 
7代堀親長1746〜17792万石 
8代堀親忠1779〜17842万石 
9代堀親民1784〜17962万石 
10代堀親しげ1796〜18451.7万石 
11代堀親義1845〜18681.7万石 
12代堀親広1886〜1.5万石 

飯田藩
居城(藩庁)
飯田城(長姫城)
飯田城
 
白
 
 
白
 
 
白
 

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。