松代藩

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)長野県の城下町>松代藩
松代藩・歴史・観光・見所
松代藩概要: 慶長5年(1600)、森忠政が13万7千石で川中島で入封し川中島藩を立藩。慶長8年(1603)に忠政が津山藩に転封すると松平忠輝が14万石で入封。慶長15年(1610)に忠輝が高田藩に転封すると川中島藩領は周辺の藩へ分地されます。元和2年(1616)に松平忠昌が松代に12万石で入封し改めて松代藩(現在の長野市松代町周辺)を立藩、藩域としては川中島藩と重なる部分が多いいですが藩庁を松代城に移している為、松代藩と称しています。元和8年(1622)真田信之が上田藩から13万石で入封すると藩政が安定、真田家が10代藩主を世襲し明治維新を迎えます。石高は2代信政の代に沼田藩に3万5千石を分知し、石高10万石となり、3代幸道の代では幕府の賦役により一気に財政が悪化します。その後も何度が藩政改革が行われるものの、千曲川の水害や松代城下の大火、善光寺地震などで安定することがなく延享元年(1744)には足軽による業務放棄や宝暦元年(1751)には「田村騒動」と呼ばれる一揆が起きています。8代幸貫は松平定信の子であることなどから老中に抜擢され幕閣の一翼を担い国主の地位を得、藩校である「文武学校」の開校に尽力を尽くしましたが藩の財政は悪化を食い止める事は出来ませんでした。戊辰戦争では新政府軍に組みしています。

松代藩歴代領主
 藩主名藩主年間石高備考
初代森忠政1600〜160313.7万石 
初代松平忠輝1603〜161014万石 
初代松平(越前)忠昌1616〜161912万石 
初代酒井忠勝1619〜162210万石 
初代真田信之1622〜165613.5万石 
2代真田信政1656〜165810万石 
3代真田幸道1658〜172710万石 
4代真田信弘1727〜173610万石 
5代真田信安1737〜175210万石 
6代真田幸弘1752〜179810万石 
7代真田幸専1798〜182310万石 
8代真田幸貫1823〜185210万石 
9代真田幸教1852〜186610万石 
10代真田幸民1866〜186910万石 

松代藩と善光寺善光寺(長野県長野市)は慶長6年(1601)に初代将軍徳川家康より寺領1千石が安堵されていましたが、周辺は松代藩に囲まれ深い関係だったとされます。寛永19年(1642)に火災により善光寺の本堂が焼失すると寛文6年(1666)に一応の再建を成しましたが、元禄13年(1700)に幕府が本格的な本堂の再建を計画し、柳沢吉保の甥である慶運と、吉保の娘である智善が善光寺に送り込まれ、幕府のお抱え大工である名工甲良宗賀が設計を行いました。元禄14年(1701)に松代藩第3代藩主真田幸道は幕府から本堂の普請が命じられると、元禄16年(1703)、幸道は松代藩の家老である小山田平太を普請奉行とし工事を着工し、宝永4年(1707)に竣工しました。その後も松代藩は外護者として庇護した関係で、善光寺の境内には寛永・寛文年間の松代藩主真田家の供養塔が建立されています。

松代藩と皆神神社−皆神山は松代藩主の野遊びの場だったとされ、麓には能舞台が設けられました。山頂に社殿を構える皆神神社は奈良時代に創建されたと伝わる古社で、戦国時代後期以降は戸隠神社と共に修験道の拠点として大きく発展しました。皆神神社を構成する熊野出速雄神社(皆神山の山頂には複数の神社が鎮座し、総称で皆神神社と呼ばれています。)の社殿は、社伝によると康応元年(1389)、建築の形式や工法からは15世紀末期から16世紀初頭に建てられたと推定され、長野県の県宝に指定されています。

松代藩
長野市松代町:町並み 長野市松代町:町並み 長野市松代町:町並み 長野市松代町:町並み
長野市松代町:町並み 長野市松代町:町並み 長野市松代町:町並み 長野市松代町:町並み
松代藩:観光・見所
居城(藩庁)
松代城
松代城
藩主居館
旧真田邸
旧真田邸
藩校
松代藩・藩校:旧文武学校
旧文武学校
松代藩鐘楼
鐘楼
松代藩鐘楼
藩主菩提寺
長国寺:真田家菩提寺
長国寺
藩主菩提寺
大鋒寺:真田信之の菩提寺
大鋒寺
藩主祈願所
開善寺:長野市松代
開善寺
藩主祈願所
大英寺:小松姫御霊屋
大英寺

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。