塩尻市: 深澤家住宅

  長野県:歴史・観光・見所塩尻市:歴史・観光・見所>深澤家住宅

概要・歴史・観光・見所
深澤家住宅(塩尻市)概要: 深澤家は屋号「加納屋」を掲げ、中山道(木曽路)贄川宿の豪商として知られていました。幕末には苗字が許されるなど商人ながら格式ある家柄で、江戸時代を通して行商で販路を開き江戸時代後期の文化年間(1804〜1818年)には京都や大坂などの上方に進出し広く商いを展開していました。

現在ある深澤家住宅主屋は江戸時代末期の嘉永4年(1851)の火災で焼失した後の嘉永7年(1854)に再建されたもので、木造つし2階建(2階の天井が通常の2階建よりも低い構造。江戸時代の町屋建築の軒高が制限された為)、切妻、鉄板葺き、平入、桁行5間5尺(10.6m)、梁間9間半(17.3m)、外壁は正面が真壁造り、側面は下見板張り縦押縁押え、正面2階外壁を椀木と桁で支え前に突き出す出桁造り、外壁正面には1、2階共に意匠的な格子戸が嵌め込められ、2階正面両側に白漆喰で仕上げられた、防火、延焼を防止する袖壁が備え付けられ(主屋は嘉永4年:1851年の火災で焼失後に再建された建物なので防火意識が高かったと思われます)、間口が狭く奥行きが長い当時の町屋の姿を踏襲していてます。内部は1階が正面の街道から敷地を奥を繋ぐ通り土間と、2列8室で配された座敷、2階は表と裏と呼ばれる部屋が2室で構成されています。又、2階の街道側正面は出桁造と呼ばれる、1階の構造材から椀木を延ばし、2階床の支える桁を乗せる工法が採用されています(木曽路の宿場町の町屋建築で多く見られる工法)。

深澤家住宅の敷地内には主屋の他、北蔵(文政4年:1821年建築・桁行き3.3m・梁間9.1m・切妻・金属板葺き、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁)と南蔵(文久2年:1862年建築・桁行き3.4m・梁間8.4m・切妻・金属板葺き、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁)が残されています。深澤家住宅は江戸時代後期に建てられた建築年が明確な町屋建築の遺構として大変貴重な存在で、主屋、北蔵、南蔵の3棟と深澤家に伝わる古文書の内家相関連資料(家相図4枚・地理家相建物之断書1冊)が平成17年(2005)に国指定重要文化財に指定されています。

【 贄川宿 】−贄川宿は塩尻方面から見ると、木曽谷の入り口あたる地形的な重要性から古くから関所が設けられてきました。江戸時代に入ると木曽谷一円は尾張藩領に組み込まれた為、尾張藩(愛知県名古屋市)と松本藩(長野県松本市・藩庁:松本城)の藩堺に位置した事から、福島関所の副関となる口留番所が設置されています。特に木曽谷は良質な木材の産地で尾張藩の財政に大きく寄与していた事から、その出入りの管理は徹底されました。町並みよりやや離れた山沿いには、鎮守である麻衣迺神社や菩提所である観音寺が境内を構え当時の名残を見せています。

深澤家住宅:写真

深澤家住宅
[ 付近地図: 長野県塩尻市 ]・[ 塩尻市:歴史・観光・見所 ]
深澤家住宅 深澤家住宅 深澤家住宅 深澤家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。