麻衣廼神社

  長野県:歴史・観光・見所塩尻市:歴史・観光・見所>麻衣廼神社

概要・歴史・観光・見所
麻衣廼神社(塩尻市)概要: 麻衣廼神社は長野県塩尻市大字贄川に鎮座している神社です。麻衣廼神社の創建は平安時代の天慶年間(938〜947年)に諏訪坂東に信濃国(現在の長野県)一宮である諏訪大社の分霊を勧請されたのが始まりと伝えられています。木曽路の中では最古の諏訪系の神社とされ、本社と同様に7年(寅年と申年)に1度例祭である御柱祭りが行われ、境内には1列に御柱が建てられ、古い記録では安永5年(1708)のものがあります(本社である諏訪大社では社殿の四方を囲むように御柱を建てます)。

戦国時代の天正10年(1582)に武田勝頼と木曽義昌の兵火により社殿が焼失し、文禄年間(1592〜1595年)に現在地(中山道(木曽路)贄川宿)に遷宮し社殿を再建しています。麻衣廼神社は古くから神仏習合していましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色が一掃され、社号を「麻衣廼神社」に改称、明治5年(1873)に村社に列しています。何故社号に「麻衣廼」を掲げたのかは不詳ですが、木曽地方では麻衣が盛んな地域で、「木曽の麻衣」として中央にも広く知られ"麻衣廼"として木曽の枕詞にもなり和歌でも詠まれ、当社の境内が木曽の地であることを示しています。

現在の麻衣廼神社拝殿(覆屋)は江戸時代末期の慶応元年(1865)に造営されたもので、木造平屋建て、切妻、平入、鉄板葺き、桁行2間、正面軒唐破風、外壁は真壁造板張り。本殿は江戸時代中期の延享4年(1747)に造営されたもので、三間社流造、こけら葺、漆塗、箱棟、桁行3m、梁間1.9m、向拝の虹梁木鼻など室町時代の形式が採用、棟梁は金原周防守、江戸時代中期の神社本殿建築の遺構として文化的に価値があり貴重な事から、昭和60年(1985)に塩尻市指定有形文化財に指定されています。又、麻衣廼神社境内は神域の為に植物の伐採が行われなかった事からスギ・ケヤキ・ウラゲエンコウカエデ・クリ・イチイ・ヒノキ・スギなどの多様な植物が茂り貴重な事から面積2915uが昭和61年(1986)に塩尻市天然記念物に指定されています。祭神:建御名方神、事代主命、保食命。

麻衣廼神社:写真

麻衣廼神社
[ 付近地図: 長野県塩尻市 ]・[ 塩尻市:歴史・観光・見所 ]
麻衣廼神社 麻衣廼神社 麻衣廼神社 麻衣廼神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。