塩尻市: 観音寺

  長野県:歴史・観光・見所塩尻市:歴史・観光・見所>観音寺

概要・歴史・観光・見所
観音寺(塩尻市)概要: 楊梅山観音寺は長野県塩尻市大字贄川に境内を構えている高野山真言宗の寺院です。観音寺は中山道(木曽路)贄川宿の山沿いに位置し、鎮守である麻衣廼神社に隣接しています。観音寺は大同元年(806)に創建したと伝わる高野山真言宗の寺院で室町時代に制作された十一面観音を本尊として信仰しています。戦国時代に武田家を見限り、織田家に転じた木曽義昌を粛清する為に当地まで進軍した武田勝頼との激しい戦いに巻き込まれ、その兵火により荒廃しましたが、慶長2年(1597)に珍永和尚により再興されています。

木曽路には真言宗の寺院が少なかった為、贄川宿だけでなく広く真言宗の宗徒達から信仰され、その一例として本堂内陣欄間に施された彫刻は宮ノ越宿出身の村上弥兵衛と村上弥惣右衛門が寄進したものとされ、信仰の広がりが感じられます。又、観音寺は小澤文太郎重喬の菩提寺でもありました。重喬は贄川宿出身の江戸時代末期から明治時代初期の国学者で、中津川出身の間秀矩(平田銕胤に師事、尊皇攘夷運動に参加、新政府軍の先導役)の紹介により万延元年(1860)から平田篤胤教えを継承する平田門人となっています。基本的には廃仏毀釈を推進した人物ですが明治2年(1869)に死去すると観音寺に葬られています。参道には文字碑や石碑、元禄2年(1688)、享保13年(1728)、寛政12年(1800)の年号が刻まれた庚申塔が建立されており、贄川宿が庚申信仰の盛んな地域だった事が窺えます。

観音寺本堂は安永4年(1775)に再建された建物で入母屋、銅板葺、正面千鳥破風、平入、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ。山門は寛政4年(1792)に再建されたもので三間一戸、入母屋、銅板葺き(元こけら葺)、八脚楼門、上部が鐘撞堂となる鐘楼門、桁行4.6m、梁間3m、普請帳が現存していることから建築の過程が明確に示されています。観音寺山門は江戸時代後期の楼門建築の遺構として貴重な事から昭和60年(1985)に塩尻市指定有形文化財に指定されています。山号:楊梅山。宗派:高野山真言宗。本尊:十一面観音。

観音寺:写真

観音寺
[ 付近地図: 長野県塩尻市 ]・[ 塩尻市:歴史・観光・見所 ]
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。