上田市: 別所神社

  長野県:歴史・観光・見所別所温泉:歴史・観光・見所>別所神社

概要・歴史・観光・見所
別所神社(上田市)概要: 別所神社の創建は鎌倉時代初期の建久年間(1190〜1199年)に熊野本宮大社(和歌山県)の分霊を勧請したのが始まりとされ、以来、別所温泉の産土神として信仰されました。明治初頭に発令された神仏分離令に仏式が排され、明治11年(1878)に当初の熊野社から現在の社号である別所神社に改称しています。社殿背後の祠には男石、女石、子種石が祀られていることから古くから縁結びに御利益があるとし鳥居の額にも「本朝縁結大神」が掲げられています(民俗学的にも貴重)。現在の別所神社本殿は江戸時代後期の天明8年(1788)に建てられた建物で、一間社隅木入春日造、桟瓦葺、棟梁は上田房山出身の末野庄兵衛安定です。末野氏は別所温泉本殿だけでなく塩野神社社殿(上田市指定有形文化財)や安楽寺山門など数多くの社寺建築を手掛けており、当時の宮大工として知られた存在だったようです。別所神社本殿は建物全体に精緻な彫刻が多数施され18世紀の神社本殿としては規模が大きいなど貴重な存在として平成6年(1994)に上田市指定有形文化財に指定されています。祭神は熊野大神。境内には皇大神宮など多数の境内社が建立されており信仰の篤さが感じられます。又、境内に建立されている神楽殿(農村舞台)からは別所温泉の温泉街が一望出来ます。

別所神社の境内周辺は鎌倉時代後期に塩田北条氏が支配した塩田平と呼ばれる地域で、別所神社をはじめ、前山寺中禅寺生島足島神社などの社寺が点在し信州の鎌倉と呼ばれ多くの観光客が訪れています。

別所神社:写真

別所神社
[ 付近地図: 長野県上田市別所温泉 ]・[ 長野県の温泉街 ]
別所神社 別所神社 別所神社 別所神社
別所神社 別所神社 別所神社 別所神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。