大町市: 平林家住宅

  長野県:歴史・観光・見所大町市:歴史・観光・見所>平林家住宅

概要・歴史・観光・見所
平林家住宅(大町市)概要: 平林家は江戸時代、塩問屋を営んだ家柄です。平林家住宅格式も高く松本藩(本城:松本城長野県松本市)大町組大町村の庄屋などの上役を歴任し、責任ある立場を担いました。その為、敷地間口も広く黒漆喰や海鼠壁など随所に高い意匠が採用されています。当地(旧大町宿)は千国街道(糸魚川街道)の宿場町で特に日本海の海産物や塩を信州国(長野県)の内陸部に運ぶ為の中継地、集積地となった為、それらを取り扱った平林家は大きく繁栄し宿場内の上役を歴任しました。

現在の平林家住宅主屋は明治22年(1889)の火災で焼失後の明治23年(1890)に造営されたもので、木造2階建て、塗屋造り、切妻、桟瓦葺き、平入り、桁行7間、建築面積315u、1階は格子戸、2階は鉄板扉、外壁は正面が黒漆喰、その他は白漆喰仕上げの建物です。1階の下屋は大きく張り出し、腰壁は海鼠壁、入り口部分の屋根を切妻にすることで正面性を強調し大屋根には採光・換気・煙出しなどの為に越屋根が設けられ、式台付の玄関や座敷など格式を備えています。平林家住宅文庫蔵・塩蔵・漬物蔵は江戸時代後期に建てられたもので土蔵造2階建、切妻、桟瓦葺、建築面積186u、文庫蔵:桁行5間、張間3間、漬物蔵:桁行4間、張間3間、塩蔵:桁行4間、張間3間。平林家住宅は千国街道沿いに残る数少ない古建築物の1つで「塩の道」の道と呼ばれた街道の歴史を伝える貴重な存在で、主屋は「造形の規範となっているもの」、文庫蔵・塩蔵・漬物蔵は「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成29年(2017)に国登録有形文化財に登録されています。現在は「塩の道ちょうじや(塩の道博物館)」として建物を保存すると同時に内部では街道関係の資料(運搬道具、旅装、弁当箱、、生活道具、古文書等)が展示されています。

平林家住宅:写真

平林家住宅
[ 付近地図: 長野県大町市 ]・[ 大町市:歴史・観光・見所 ]
平林家住宅 平林家住宅 平林家住宅 平林家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。