盛蓮寺

  長野県:歴史・観光・見所大町市:歴史・観光・見所>盛蓮寺

概要・歴史・観光・見所
盛蓮寺(大町市)概要: 源華山盛蓮寺は長野県大町市社字曽根原に境内を構えている真言宗智山派の寺院です。盛蓮寺盛蓮寺の創建は不詳ですが古くは七堂伽藍が軒を連ねる大寺だったとされます。鎌倉時代の中期になると当時の領主に仁科盛遠が木曽義仲の三回忌を営む為、現在地に盛蓮寺を移し仁科家の祈願所としています。現在の盛蓮寺観音堂は文明2年(1470)に建てられたもので、木造平屋建て、三間四面、寄棟造り、茅葺形銅板葺、平入、室町時代中期に建てられた観音堂建築として貴重な存在で昭和24年(1949)に国指定重要文化財に指定されています(盛蓮寺観音堂を模したと伝わる松尾寺薬師堂と類似しています)。観音堂の本尊は木像如意輪観音座像で平成3年(1991)に大町市指定有形文化財に指定されています。仁科三十三観音霊場第25番札所(札所本尊:如意輪観音・御詠歌:濁る世に染まぬ心は この寺の 清き蓮の色香ならまし)。山号:源華山。宗派:真言宗智山派。

盛蓮寺の文化財
・ 観音堂-文明2年-寄棟,銅板葺き,平入,三間四面-国指定重要文化財
・ 如意輪観音坐像-鎌倉後期-像高77.6p,桧材,寄木造-大町市指定文化財
・ 虚空蔵菩薩坐像-南北朝時代-像高24.1p、桂材、寄木造-大町市指定文化財
・ 薬師如来坐像-文安4年(1447)-桧材-大町市指定文化財
・ 不動明王立像-鎌倉末期-総高98p,像高65p,岩座15.5p-大町市指定文化財

盛蓮寺:写真

盛蓮寺
[ 付近地図: 長野県大町市 ]・[ 大町市:歴史・観光・見所 ]
盛蓮寺 盛蓮寺 盛蓮寺 盛蓮寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。