龍岡城五稜郭

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)佐久市:歴史・観光・見所龍岡町:歴史・観光・見所>龍岡城五稜郭
長野県の城
 ・ 松本城
 ・ 小諸城
 ・ 上田城
 ・ 松代城
 ・ 高遠城
 ・ 龍岡城五稜郭
 ・ 中野陣屋
 ・ 高梨館
 ・ 須坂陣屋
 ・ 飯田城
 ・ 飯山城
 ・ 春日城
 ・ 山村代官所
 ・ 岩村田城
 ・ 高島城
 ・ 塩田城
 ・ 岡城
 ・ 阿島陣屋
 ・ 真田氏本城
 ・ 真田氏館
 ・ 米山城
 ・ 砥石城
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
龍岡城五稜郭(佐久市)概要: 龍岡城五稜郭は長野県佐久市田口に位置しています。龍岡城五稜郭(佐久市)龍岡城は日本で2例しか存在しない五稜郭の遺構として知られています。当時、三河奥殿藩1万6千石の藩主だった松平乗謨は居館を三河から信州田野口に移す為、築城を計画、洋式の城郭として届け許可を幕府から得ました。乗謨は才覚に優れた人物で幕府では陸軍奉行や陸軍総裁などを歴任、老中格とされ、西洋に知見があった為、洋式城郭にしようとする発想が生まれたと思われます(明治時代には現在の日本赤十字の前身である博愛社の設立に尽力しています)。元治元年(1864)から築城を開始し慶応3年(1866)に一応の完成をみて田野口藩(龍岡藩)を立藩、ただし小藩だった為資金が少なく、工事を開始して早々と明治維新を迎えた為、砲台も西方に一基しか設ける事が出来ないなど実戦的な配備には程遠く、堀も全面に水を満たす事が出来ず半分近くが空堀のままで石垣も一部土塁で賄っています。それでも、西洋フランスのヴォーバン城を模した五芒星形の縄張りは死角を無くし、さらに砲弾を十字砲火出来る当時の日本の城郭としては画期的な洋風城郭でした。

龍岡城五稜郭の縄張り: 龍岡城は総面積20175坪その内訳は内城が5千6百4拾坪、外城が1万4千5百3拾坪、堀幅は4間(大手前のみ5間)、土塁高さ7尺5寸幅4間(大手前のみ5間)、総堀延長3百7拾5間、城郭内部の施設は藩主御殿、藩士長屋、藩庁、火薬庫、番所、大手門、太鼓楼、三社様、稲荷社、通用門など、外部は家中屋敷、藩校(尚友館)、御米蔵、総門、面掛所などで函館五稜郭と比べると約5分の1程度の規模でした。明治4年(1871)に廃藩置県が執行されると明治5年(1872)に龍岡城は廃城となり、多くの建物など破棄、払い下げとなりましたが、現在でも五芒星形の形状や土塁、石垣、堀などの遺構が明確に残り唯一の建物である御台所櫓は田口小学校校舎を経て昭和4年(1929)に現在地に移築保存されています。御台所櫓は木造2階建、切妻、桟瓦葺、平入、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張縦押縁押え、内部は1階が小使詰所、小役人詰所、上台所、料理方詰所、2階が農兵の詰所、上台所の上部は吹き抜けになっています。その他の遺構は東通用門が成田山薬師寺の山門、大広間が時宗寺本堂、薬医門が民家の表門、書院が民家に移築されています。龍岡城五稜郭は日本に数少ない洋式城郭で2例しかない五稜郭の遺構として大変貴重である事から昭和9年(1934)に国指定史跡に指定されています。

龍岡城五稜郭
龍岡城五稜郭
[ 付近地図: 長野県佐久市 ]・[ 佐久市:歴史・観光・見所 ]
龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭
龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭
龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭 龍岡城五稜郭
長野県(ホーム)

 長野県佐久市:観光・旅行見所ナビ:
安養寺蕃松院円満寺八幡神社平尾大社守芳院井出家住宅鼻顔稲荷神社自成寺駒形神社旧中込学校旧大沢小学校龍泉院西念寺
龍岡城五稜郭龍雲寺新海三社神社岩村田城(上の城)住吉神社貞祥寺上宮寺(旧新海三社神社別当寺)
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>佐久市>龍岡町>龍岡城五稜郭」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。