小諸市: ほんまち町屋館(旧清水屋)

  長野県:歴史・観光・見所小諸市:歴史・観光・見所>ほんまち町屋館(旧清水屋)

概要・歴史・観光・見所
ほんまち町屋館(旧清水屋)概要: ほんまち町屋館は旧北国街道沿いに位置しています。前身である清水屋は文久2年(1862)に笠原半兵衛氏が味噌醤油醸造所として創業した豪商で大正7年(1919)には醤油300石・味噌10万貫を生産し小諸一を誇り昭和40年代までは家業を継続していました。現在の建物は大正12年(1923)に建てられたもので、木造2階建、切妻、、桟瓦葺、平入り、桁行7間半、梁間6間、正面1階に下屋庇、建築面積160u、外壁は土で塗られた塗屋造です。ほんまち町屋館(旧清水屋)は大正時代に建てられた町屋建築の遺構として貴重で「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成18年(2006)に国登録有形文化財に登録されています。現在は地域交流施設や多目的施設「ほんまち町屋館」として利用されています。

ほんまち町屋館:写真

町屋館(旧清水屋)
[ 付近地図: 長野県小諸市 ]・[ 小諸市:歴史・観光・見所 ]
町屋館(旧清水屋) 町屋館(旧清水屋) 町屋館(旧清水屋) 町屋館(旧清水屋)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。