渋温泉・温泉街・町並み

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>渋温泉
写  真 備  考
渋温泉・温泉街
スポンサーサイト

【渋温泉・温泉街】渋温泉は神亀年間(724〜729年)に奈良時代の高僧として知られる行基菩薩が巡錫で当地を訪れた際に見つけたのが始まりとされ、行基は霊泉だと悟ると自ら薬師如来像を彫刻し守護神として安置したと伝えられています。行基が発見した源泉は現在の大湯で、幾度と無く高台から土砂が流れ込み、それをかき出し源泉を守っていたら現在のように半地下のような形になったそうです。大湯を見下ろすような高台に境内を構えているのが高薬師で元々は行基縁の薬師如来像が祀られていたと思われます。時代が下がった鎌倉時代末期の嘉元3年(1305)、京都の東福寺や南禅寺の住職を歴任した高僧虎関師練国師が当地を訪れ温泉寺を創建、渋温泉と臨済宗を周辺に広める事に尽力したそうです。戦国時代に入ると武田信玄が温泉寺を再興すると共に、渋温泉を軍事用の保養施設として利用し、永禄4年(1561)の川中島の戦いの後に傷ついた家臣達が傷を癒したと伝えられています。

江戸時代に入ると松代藩主真田家が保護し現在の「つばたや旅館」は真田家の本陣として利用されたそうです。渋温泉は草津温泉(群馬県吾妻郡草津町)と善光寺長野県長野市)を結ぶ草津道の宿駅でもあり、江戸時代中期以降、一般庶民にも行楽嗜好が高まると草津温泉への湯治客や、善光寺参りの参拝客が数多く利用するようになり、必然的に渋温泉も多いに栄え江戸時代後期には飯盛女も働いていたそうです。草津道は越後国(現在の新潟県)側から北国街道を利用した場合、最短距離で江戸、上野国(群馬県)を結んだ為、多くの旅人が利用し、当初は物資も運んだ事から、他の街道から訴えられています。又、草津温泉よりも肌に優しい泉質だった事から、草津温泉の湯治の後に訪れる人も多かったとされます。

明治時代に入ると、渋温泉の効能も全国的に知られるようになり小説家田山花袋や歌人若山牧水、小説家夏目漱石など文人墨客も数多く湯治で訪れるようになっています。渋温泉は行楽的な大きな開発がなかった為、細い路地のような道筋に木造の温泉宿が軒を連ねて温泉街が形成され、現在でも情緒ある町並みが残されています。

特に昭和4年(1929)に建てられた金具屋の旧臨仙閣本館(木造3階地下1階建、入母屋、鉄板葺、L字型平面、建築面積303u)と旧臨仙閣浴堂(木造平屋建、切妻、鉄板葺、仏堂風意匠、建築面積75u)、昭和11年(1936)に建てられた斉月楼(木造4階建、入母屋、鉄板葺、数奇屋風意匠、建築面積172u)と大広間(木造2階建、入母屋、鉄板葺、170畳の大広間、建築面積322u)が温泉旅館建築として優れている事から国登録有形文化財に登録されています。

スポンサーサイト
渋温泉・温泉街
渋温泉・温泉街
渋温泉・温泉街
渋温泉・温泉街
 長野県:伝統的・町並み・探訪|海野宿妻籠宿千国宿下諏訪宿渋温泉小野宿麻績宿小布施宿野沢温泉奈良井宿
稲荷山宿木曽平沢別所温泉青鬼集落
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。