千曲市: 伴月楼記念館(関家住宅)

  長野県:歴史・観光・見所千曲市:歴史・観光・見所>伴月楼記念館(関家住宅)

概要・歴史・観光・見所
伴月楼記念館(関家住宅)概要: 伴月楼記念館は江戸時代末期の安政年間(1854〜1860年)に建てられた松代藩(藩庁:松代城)の藩士である関家の宅邸として建てられた武家屋敷です。当地(桑原宿)は善光寺西街道(北国西街道)の間宿でしたが松代藩領であった為、藩の宿場町(私宿)として整備され、桑原宿には松代藩の藩主専用の本陣が設けられ、多くの松代藩士が宿場を利用しました(元々は桑原宿が本宿だったものの、稲荷山宿が開宿した事によって間宿扱いになったとされます)。幕末には同じく松代藩士だった佐久間象山(江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家。松代三山の一人)も当家に宿泊したとされ、佐藤一斎(佐久間象山の師)によって伴月楼と命名されました。

伴月楼の敷地は広大で、正面の長屋門は寄棟、桟瓦葺、外壁は大壁造り土壁鏝押え、腰壁は下見板張り縦押縁押え、武者窓付、主屋は木造2階建、切妻、桟瓦葺、平入、2階開口部は格子戸、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押、腰屋根付、式台付玄関付。敷地正面には長屋門の他、土蔵2棟、表門(切妻、桟瓦葺、一間一戸)などがあり格式が感じられます。現在は伴月楼記念館として書幅及びたばこ盆、酒器、髪飾りなどの生活用具を展示しています。

伴月楼記念館:写真

伴月楼記念館
[ 付近地図: 長野県千曲市 ]・[ 千曲市:歴史・観光・見所 ]
伴月楼記念館 伴月楼記念館 伴月楼記念館 伴月楼記念館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。