東御市: 児玉家住宅

  長野県:歴史・観光・見所東御市:歴史・観光・見所>児玉家住宅

概要・歴史・観光・見所
児玉家住宅(東御市)概要: 児玉家住宅は明治26年(1893)から明治43年にかけて建てられたもので、主屋、土蔵、蚕室、馬屋、味噌部屋、乾燥室、表門、東門、西門、南塀石垣、西塀、北塀など12棟の建物で構成されています。児玉家は明治時代に入ると味噌や醤油などの醸造業を営み豪商となり広大な敷地に多くの建物が建てられました。座敷や玄関、表門などに格式を感じる一方で蚕室や馬屋、味噌部屋などには当時の生活ぶりが色濃く残り貴重な存在となっています。

児玉家住宅主屋は明治34年(1901)に建てられたもので木造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行11間、梁間3間、建築面積83u。味噌部屋・乾燥室は明治34年(1901)に建てられたもので木造平屋建、切妻、桟瓦葺、味噌部屋は桁行2間、梁間2間、乾燥部屋は桁行4間、梁間2間、建築面積40u。長屋は明治34年(1901)に建てられたもので木造平屋建、切妻、桟瓦葺、桁行11間、梁間3間、建築面積83u。東門は明治34年(1901)に建てられたもので切妻、桟瓦葺、一間一戸、間口2.4m、袖壁(9.8m)付。

児玉家住宅馬屋は昭和初期に建てられたもので木造平屋建て、切妻、桟瓦葺き、正面2間、奥行4間、建築面積20u。北塀は明治43年(1910)に建てられたもので木造、切妻、桟瓦葺、真壁造り、延長37m。西塀は明治34年(1901)に建てられたもので木造、切妻、桟瓦葺、真壁造り、延長16m。西門は明治34年(1901)に建てられたもので切妻、桟瓦葺、間口2間(3.6m)、薬医門形式、潜り戸付。土蔵は明治34年(1901)に建てられたもので土蔵2階建、切妻、桟瓦葺、桁行6間、梁間2間、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁、建築面積60u。蚕室は明治34年(1901)に建てられたもので木造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行9間、梁間4間、越屋根付、建築面積145u。児玉家住宅は平成12年(2000)に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から国登録有形文化財に登録されています。

児玉家住宅:写真

児玉家住宅
[ 付近地図: 長野県東御市 ]・[ 東御市:歴史・観光・見所 ]
児玉家住宅 児玉家住宅 児玉家住宅 児玉家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。