東御市: 旧和学校

  長野県:歴史・観光・見所東御市:歴史・観光・見所>旧和学校

概要・歴史・観光・見所
旧和学校(東御市)概要: 旧和学校は長野県東御市海善寺に位置しています。旧和学校は明治12年(1879)、上田集落、東田沢集落、共立(栗林)集落にあった学校を統合し開校した学校です。現在の建物はその時に建てられたもので、建物は木造2階建て、入母屋、瓦葺き、平入、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り、桁行方向は略全面がガラス入りの建具が配され明るく勉学が出来るような工夫が見られます。正面入口にはアーチ型の垂れ壁を設けるなど当時の洋風建築の要素を少なからず取り入れて時代背景が窺えます。昭和39年(1964)3月までの約85年間校舎として利用され、その後は近代の教育資料や、郷土の歴史や文化の資料、民俗資料的な当時の生活用品が展示されている「和学校記念館」として整備保存されました。旧和学校は上田小県地方で現存する和洋折衷様式、擬洋風洋式の学校建築の中では最古で、長野県内でも中込学校(※1)、開智学校(※2)、格致学校(※3)に次ぐ古さとして貴重な事から昭和54年(1979)に長野県県宝に指定されています。

補足
(※1)中込学校−建築年:明治8年(1875)・所在地:長野県佐久市中込・国指定重要文化財
(※2)開智学校−建築年:明治9年(1876)・所在地:長野県松本市開智・国指定重要文化財
(※3)格致学校−建築年:明治11年(1878)・所在地:長野県埴科郡坂城町中之条・長野県県宝

旧和学校:写真

旧和学校
[ 付近地図: 長野県東御市 ]・[ 東御市:歴史・観光・見所 ]
旧和学校 旧和学校 旧和学校 旧和学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。