飯田市・歴史・観光

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>飯田市
長野県の見所
 ・ 長野市
 ・ 辰野町
 ・ 妻籠宿
 ・ 中野市
 ・ 須坂市
 ・ 千曲市
 ・ 長野市松代町
 ・ 小諸市
 ・ 東御市
 ・ 飯山市
 ・ 諏訪湖
 ・ 伊那市
 ・ 飯田市
 ・ 塩尻市
 ・ 安曇野市
 ・ 小布施町
 ・ 木曽町
 ・ 佐久市
 ・ 長和町
 ・ 鹿教湯温泉
 ・ 上田市
 ・ 海野宿
 ・ 大町市
 ・ 白馬村
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・ 
 ・  
飯田市・歴史・観光・見所
飯田市概要: 飯田市座光寺地区にある恒川遺跡は、奈良時代から平安時代初期にかけて設置された「伊那郡衙跡」と推定される遺跡で硯や三彩陶器、和同銀銭などが発掘され、飯田市周辺は古くから朝廷との関わりが強い地域だと考えられます。又、飯田市は5世紀後半から6世紀に築造された前方後円墳の密集地帯とされ長野県の中でも特異な存在だったと思われます。鎌倉時代に入ると知久氏や阿曾沼氏が地頭として支配し、室町時代初期は阿曾沼氏の同族である小山氏が地頭職に就きました。天寿6年(1380)頃から信濃国守護職である小笠原家の一族である坂西氏が領主となり飯田城を築城し居城としてます。戦国時代に入ると武田家の支配となり、武田家が滅ぶと織田家家臣毛利氏、京極氏、江戸時代に入ると飯田藩が立藩し、小笠原氏、脇坂氏と短期間で藩主が交代、寛文12年(1642)に堀親昌が2万石で入封すると明治維新まで堀家が代々藩主を勤め藩政も安定します。ただし、飯田市内には多くの旗本領や天領、諸侯の飛地などで細分化されその時々で領境が変わることも多かったそうです。
飯田市
飯田市:町並み
[ 付近地図: 長野県飯田市 ]・[ 関係リンク: 飯田市 ]
飯田城
飯田市:飯田城
飯田城
元善光寺
飯田市:元善光寺
元善光寺
耕雲寺
飯田市:耕雲寺
耕雲寺
旧麻績学校
飯田市:旧麻績学校
旧麻績学校
追手町小
飯田市:追手町小学校
追手町小学校
長姫神社
飯田市:長姫神社
長姫神社
運松寺
飯田市:運松寺
運松寺
鶏足院
飯田市:鶏足院
鶏足院
雲彩寺
飯田市:雲彩寺
雲彩寺
経蔵寺
飯田市:経蔵寺
経蔵寺
鳩ヶ嶺八幡
飯田市:鳩ヶ嶺八幡神社
鳩ヶ嶺八幡神社
毛賀諏訪
飯田市:毛賀諏訪神社
毛賀諏訪神社
下市田学校
飯田市:旧下市田学校
旧下市田学校
阿弥陀寺
阿弥陀寺
阿弥陀寺
白山社
白山社
白山社
柏心寺
柏心寺
柏心寺
開善寺
開善寺
開善寺
天竜峡
天竜峡
天竜峡
 
白
 
 
白
 
長野県(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。