甲州街道(長野県:信州路)

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>甲州街道(信州路)

概要・歴史・観光・見所
甲州街道(信州路)概要: 甲州街道は慶長6年(1601)に江戸幕府により制定された五街道(甲州街道、東海道、中山道、奥州街道、日光街道)の1つで江戸日本橋から中山道の下諏訪宿を繋いでいます。特に甲府城は江戸を守る軍事的拠点として重要視されていた事もあり小仏と鶴瀬に関所を設け、江戸城下の甲州街道沿いには鉄砲組が配されました。甲府街道沿いに主要な藩が少なく、中山道や東海道の利便性が高かった為、参勤交代で利用する藩は高遠藩(藩庁:高遠城)、高島藩(藩庁:高島城)、飯田藩(藩庁:飯田城)に限られ、他の街道のように宿場町が大きく発展することは稀でした。甲州街道の宿場町で信州国(長野県)側は蔦木宿、金沢宿、上諏訪宿、下諏訪宿の4宿で甲州街道の最終の宿場である下諏訪宿で中山道と交わりました。下諏訪宿は中山道の宿場町、下諏訪大社秋宮の門前町、下諏訪温泉の湯治場でもあり多くの人達が行き交い活気を呈していました、上諏訪宿は高島藩の城下町で藩に仕える武士達の消費地として行政、軍事の中心だけでなく経済的にも発展しました。本陣の遺構としては皇女和宮が宿泊、明治天皇が休息で利用した下諏訪宿の岩波家(下諏訪町指定文化財)の他、与謝野晶子と親交があった蔦木宿の大坂屋源右衛門家の表門が残されています。

甲州街道の宿場町:概要

【 下諏訪宿 】−下諏訪宿(長野県諏訪郡下諏訪町)は中山道と甲州街道の分岐点で、諏訪大社下社秋宮の門前町、湯治場として発展しました。諏訪大社は信濃国一之宮とされる格式の高い古社で、付近には諏訪地方唯一の前方後円墳である青塚古墳(長野県指定史跡)が築かれ古代から開けていたと思われます。下諏訪宿はさらに、難所である和田峠を控えていた事から多くの旅人や商人などが利用し本陣1軒(岩波家:庭園は中山道随一との評価)、脇本陣2軒(桔梗屋・まるや)、旅籠40軒と周辺の宿場町と比べると規模の大きな宿場町でした。

【 上諏訪宿 】−上諏訪宿(長野県諏訪市)は高島藩の藩庁、藩主居館が置かれた高島城の城下町として発展した町です。高島城は日本三大湖城に数えられる名城で当初は諏訪湖に張り出すように築城された事から城下町は高島城に向かう大手筋の武家町と甲州街道沿いの商家町がT字型に町割されました。又、諏訪大社上社本宮へと続く参道への分岐点でもあり江戸時代中期以降は多くの参拝者が上諏訪宿を利用しました。宿場は大きく上町、中町、本町の3町に分けられ江戸時代後期には本陣1棟、旅籠14棟の規模となっています。

【 金沢宿 】−金沢宿(長野県茅野市)は当初北西の権現原平にあり青柳宿と呼ばれていましたが、付近を流れていた宮川が度々洪水となりその都度宿場が大きな被害を受けた為、慶安3年(1650)の火災で多くの建物が焼失した事を受け慶安4年(1651)に現在地に宿場を移し金沢宿と名称を変更しました。宿場は大きく上町、中町、下町の3町に分けられそれぞれに枡形があり江戸時代後期には本陣1軒、旅籠17軒の規模でした。本陣は青柳宿時代から小松家が担っていましたが4代小松三郎左衛門が隣村との山論(山林・原野など山に関する争論)の為宿場の役目を疎かにした為、延宝6年(1678)に処刑となり以後白川家が本陣を担いました。

【 蔦木宿 】−蔦木宿(長野県諏訪郡富士見町)は甲州街道の宿間町で甲州国(山梨県)と信州国(長野県)の境近くにあります。南口と北口が枡形で中央付近には本陣(大阪屋源右衛門家:表門のみが現存)や鎮守である十五社大明神と武田家縁の三光寺があり、江戸時代後期には本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠15軒で構成されていました。三光寺は応永2年(1395)又は応永24年(1417)に武田信重が出家し父親である武田信満の菩提を弔う為に開いたのが始まりとされます。当初は真言宗の寺院で真如山満願寺と称していましたが天正2年(1574)、門鶴和尚が曹洞宗に改宗、その後、現在の寺号に改称し現在地に境内を移しています。

甲州街道のルート
内藤新宿−高井戸宿−布田五宿−国領−下布田−上布田−下石原−上石原−
府中宿−新宿−番場町−本町−本宿−日野宿−八王子宿−十王堂宿−横山宿−
八日市宿−本宿−八幡宿−八木宿−子安宿−馬乗宿−小門宿−本郷宿−上野宿−
横町−寺町−久保宿−嶋坊宿−駒木野宿−小仏宿−小原宿−与瀬宿−吉野宿−
関野宿−上野原宿−鶴川宿−野田尻宿−犬目宿−鳥沢宿−猿橋宿−駒橋宿−
大月宿−花咲宿−下初狩宿−中初狩宿−白野宿−阿弥陀海道宿−黒野田宿−
駒飼宿−鶴瀬宿−勝沼宿−栗原宿−石和宿−甲府宿−韮崎宿−台ヶ原宿−
教来石宿−蔦木宿−金沢宿−上諏訪宿−下諏訪宿


中山道
北国街道
下諏訪宿
北国街道
上諏訪宿
北国街道
金沢宿
北国街道
蔦木宿
北国街道
甲州街道


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。