長野県の街道(中山・北国・千国・善光寺)

   長野県:歴史・観光・見所(ホーム)>長野県の街道

長野県の街道:一覧

北国街道
北国街道:長野県
【概要】−北国街道は加賀藩など北陸諸藩が参勤交代で利用、善光寺宿を経由する事から「善光寺街道」の異名。海野宿は当時の宿場町の町並みを色濃く残しています。
中山道
中山道:長野県
【概要】−五街道の1つとして西国の諸藩が参勤交代で利用。奈良井宿妻籠宿木曽平沢は良好な町並みが残され国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
善光寺西街道
善光寺西街道:長野県・稲荷山宿
【概要】−善光寺西街道は中山道の洗馬宿と北国街道の丹波島宿を結ぶ街道。中山道から最短距離で善光寺を結んだ為、多くの信者や参拝者が街道を利用しました。
谷街道
谷街道:長野県
【概要】−谷街道は善光寺西街道の稲荷山宿飯山城下を結ぶ街道で、松代城下や、須坂陣屋町、小布施宿などを経由し、稲荷山宿は宿場町の雰囲気が感じられます。
千国街道
千国街道(塩の道):長野県
【概要】−千国街道は糸魚川宿と松本城下を結ぶ街道で、日本海の海産物が内陸部に運ばれました。特に塩の需要が重要だった事から「塩の道」の異名がありました。
甲州街道
甲州街道:長野県
【概要】−甲州街道は中山道の下諏訪宿から分岐して高島城下、甲府城下を経て江戸日本橋に至る街道です。街道沿いには諏訪大社が鎮座し信仰の道でもありました。
三州街道
三州街道:長野県
【概要】−三州街道は中山道の塩尻宿を分岐して岡崎城下に至る街道です。千国街道と同様に太平洋で産出された塩を内陸まで運んだ為「塩の道」の別称がありました。
木曽路
木曽路(中山道)
【概要】−中山道の中でも特に木曽谷を通過する区間を木曽路と呼んでいます。現在でも木曽平沢、奈良井宿、妻籠宿など当時の宿場町の町並みが見られます。
保福寺街道
保福寺街道(松本城〜上田城)
【概要】−松本城下と上田城下を結ぶ街道で、旧官道である東山道の経路に準じています。江戸時代には松本藩主の参勤交代で利用され賑いました。
草津街道
草津街道(善光寺〜渋温泉〜草津温泉)
【概要】−草津温泉と渋温泉、善光寺を結ぶ街道で、北国街道の新町宿で分岐しました。新町宿より越後側から見ると江戸を最短距離で結び多くの往来があった。
大笹街道
大笹街道(須坂陣屋〜高崎城)
【概要】−北国脇往還の福島宿から中山道の高崎城下を結ぶ街道で、同区間の北国街道を利用するより1日短い行程だった為、人や物資の往来が多い街道でした。
松代道
北国街道脇往還(松代道)
【概要】−北国街道の東往還で、松代藩の本城のある松代城下を経由する事から松代道とも呼ばれました。大笹街道が開削された影響で多くの往来がありました。
十日町街道
十日町街道(善光寺街道:飯山城〜小千谷)
【概要】−十日町街道は飯山城下から小千谷宿を結ぶ街道で越後側からは善光寺街道などと呼ばれていました。主に商人や善光寺の参拝者に利用されました。
 

 

スポンサーサイト
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。