木曽路(中山道) :野尻宿

     ホーム木曽路(中山道)>野尻宿
奈良井宿
 ・ 鎮神社
 ・ 上問屋史料館
 ・ 杉の森酒造
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 大宝寺
 ・ 長泉寺
妻籠宿
 ・ 妻籠宿:本陣
 ・ 妻籠宿:脇本陣
 ・ 上嵯峨屋
 ・ 下嵯峨屋
 ・ 熊谷家住宅
 ・ 光徳寺
贄川宿
 ・ 贄川関所
 ・ 深澤家住宅
 ・ 麻衣廼神社
 ・ 観音寺
藪原宿
 ・ 藪原神社
 ・ 極楽寺
 ・ 防火高塀
 ・ 藪原宿本陣
宮ノ越宿
 ・ 徳音寺
福島宿
 ・ 興禅寺
 ・ 長福寺
 ・ 大通寺
 ・ 福島関所
 ・ 山村代官所
 ・ 高瀬家資料館
上松宿
 ・ 玉林院
 ・ 小野の滝
 ・ 寝覚の床
須原宿
 ・ 定勝寺
 ・ 水場(水舟)
 ・ 白山神社
馬籠宿
 ・ 永昌寺
 ・ 清水屋
 ・ 枡形
 ・ 馬籠宿本陣
 ・ 馬籠宿脇本陣
 ・ 高札場
 ・ 大黒屋
 ・  
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
野尻宿・歴史・観光・見所
野尻宿(木曽郡大桑村)概要: 野尻宿は慶長から元和年間に整備された宿場町で中山道69次中40番目に位置しています。天保14年(1843)に編纂された「中山道宿村大概帳」では本陣1軒(森徳家)、脇本陣1軒(木戸家)、旅籠19軒、問屋2軒が設置され家屋108軒、人口986人で構成されていました。野尻宿は上町、本町、横町、荒田(新田)の4町に分かれ、宿場の長さ6町3尺(約700m)は奈良井宿に次いでいる規模を誇り、三留野宿との間には羅天桟道や与川渡といった難所が続いた為、多くのの旅人が野尻宿を利用し繁栄しました。又、それらの難所を避ける為、享保年間(1716〜1736)には三留野宿への迂回路である与川道が開削され、その分岐点としても利用されました。本陣は代々森徳左衛門家が世襲し問屋も兼任するなど野尻宿では大きな影響力を持ちました。明治13年(1880)の明治天皇巡行では本陣が休息所として利用され跡地には「明治天皇御小休所碑」が建立されています。脇本陣は木戸彦左衛門家が世襲し脇本陣役だけでなく庄屋や問屋なども歴任し現在でも多くの歴史的資料を所持しています。宿場中心部には「野尻の七曲がり」と称する幾重にも重なる曲がり道があり枡形と同様に防衛的な機能を持っていたとされ、宿場の入口と出口に当たる上町、荒田(新田)の端には「はずれ」という屋号をもつ家があります。野尻宿は火事が多く大きなものとしては寛政3年(1791)、文政7年(1824)、明治27年(1894)、昭和18年(1943)があり古い建物はありませんが現在でも道路幅も狭く大きな発展が無かった為、比較的宿場の雰囲気を保ち観光化されないことで落ち着いた町並みを見ることが出来ます。
  スポンサーリンク
 
野尻宿
野尻宿:町並み・写真
野尻宿 野尻宿 野尻宿 野尻宿
野尻宿 野尻宿 野尻宿 野尻宿
野尻宿 野尻宿 野尻宿 野尻宿
野尻宿 野尻宿 野尻宿 野尻宿
住宅設計

中山道木曽路贄川宿木曽平沢奈良井宿藪原宿宮ノ越宿福島宿上松宿須原宿野尻宿三留野宿妻籠宿−馬籠宿
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>木曽路>野尻宿」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。