松本市: 旧山辺学校

  長野県:歴史・観光・見所松本市:歴史・観光・見所>旧山辺学校

概要・歴史・観光・見所
旧山辺学校(松本市)概要: 旧山辺学校は長野県松本市里山辺に位置する擬洋風建築です。明治6年(1873)、明治政府による学校制度が発布に伴い、兎川学校が開校、当初は近隣にある兎川寺が校舎として利用されていましたが、新校舎建築の機運が高まり明治18年(1885)に山辺学校として建設されました。棟梁は松本市出身の佐々木喜十で、木造2階建て、入母屋、桟瓦葺で外壁は白漆喰仕上げ、屋根の中央に象徴である八角形の塔屋が載っています。一見同じ松本市内にある旧開智学校に似ていますが、玄関ポーチ屋根が入母屋瓦葺きの和風で窓も横長(当時は障子引違い窓)を採用するなど和様の要素が強い建物になっています。しかし、玄関扉上部のアーチ状の意匠や八角形の塔屋、腰壁のレンガ風の意匠などの洋風の要素も取り入れていて当時の学校建築の特徴を表しています。旧山辺学校はその後里山辺村役場や保育園、 市役所出張所として使用され現在は歴史民俗資料館(山辺学校歴史民俗資料館)として保存活用されています。旧山辺学校は明治時代初期に建てられた擬洋風学校校舎建築の遺構として貴重な事から昭和60年(1985年)に県宝に指定されています。

旧山辺学校:写真

旧山辺学校
[ 付近地図: 長野県松本市 ]・[ 松本市:歴史・観光・見所 ]
旧山辺学校 旧山辺学校 旧山辺学校 旧山辺学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。