高森町: 旧下市田学校

  長野県:歴史・観光・見所(ホーム)飯田市:歴史・観光・見所>旧下市田学校

旧下市田学校
旧下市田学校
[ 付近地図: 長野県高森町 ]・[ 飯田市:歴史・観光・見所 ]
旧下市田学校 旧下市田学校 旧下市田学校 旧下市田学校
概要・歴史・観光・見所
旧下市田学校(高森町)概要: 旧下市田学校校舎は明治19年(1886)3月の火災により校舎が全焼し、明治21年(1888)に建てられたもので、木造2階建、寄棟、桟瓦葺、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁、棟梁は木曽出身の宮大工坂田亀吉が手懸けています(一般部分を地元大工、正面玄関やバルコニーなど目立つ所を名工として名を馳せた坂田亀吉が担当したそうです)。平面は略左右対称で、正面中央は大きく前に張り出し玄関とバルコニーが設けられ唐破風の印象深い意匠になっています。唐破風屋根や懸魚、梁、蟇股の彫刻、海鼠壁、止瓦、棟瓦といった和風建築の要素と縦長の開口部(前面と背後の壁は略全面ガラスの開口部で教育空間として採光や通風に有利になるように計画されています。)やベンランダ手摺の意匠など洋風建築の要素が見られる所謂和洋折衷の建物で明治時代の学校建築の特徴が見られます。当初は萩山神社に隣接する敷地に建てられていましたが明治44年(1911)に現在地に移築されています。旧下市田学校校舎は明治時代に建てられた数少ない学校建築の遺構として貴重な事から昭和56年(1981)に高森町指定有形文化財に指定されています。

 長野県飯田市:観光・旅行見所ナビ:
旧坐光寺麻績学校校舎旧下市田学校阿弥陀寺鶏足院経蔵寺耕雲寺長姫神社追手町小学校飯田城毛賀諏訪神社運松寺
雲彩寺元善光寺阿弥陀寺白山社柏心寺開善寺天竜峡
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所>飯田市」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。