飯田市: 阿弥陀寺

  長野県:歴史・観光・見所飯田市:歴史・観光・見所>阿弥陀寺

概要・歴史・観光・見所
阿弥陀寺(飯田市)概要: 阿弥陀寺の創建は慶長2年(1597)、当時の飯田城の城主小笠原氏が禅誓上人を招いて草庵を設けたのが始まりとされます。当初は風越山麓阿弥陀沢にありましたが寛文12年(1672)に当時の飯田藩(藩庁:飯田城)の藩主脇坂安政が父親である脇坂安元の菩提を弔う為現在地に千体佛観音堂を建立し、宝永年間(1704〜1710年)に他の堂宇も移されました。

現在の阿弥陀寺千体佛観音堂は脇坂氏が建立した当時のもので、宝形造、桟瓦葺、桁行2間、梁間2間、内部の天井は格天井で菊花が描かれ、工法や彫刻など当時の技術文化を継承する貴重なもので昭和49年(1974)に飯田市指定文化財に指定されています。境内にあるシダレザクラは推定樹齢400年、樹高11m、幹周4.2m、枝張東西14m、南北18.5m、当時の飯田藩主脇坂氏手植えの桜と伝えられる古木で平成2年(1990)に飯田市指定天然記念物に指定されています。宗派:浄土宗真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。山号:仏性山。

阿弥陀寺:写真

阿弥陀寺
[ 付近地図: 長野県飯田市 ]・[ 飯田市:歴史・観光・見所 ]
阿弥陀寺 阿弥陀寺 阿弥陀寺 阿弥陀寺
阿弥陀寺 阿弥陀寺 阿弥陀寺 阿弥陀寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。